☆長門有希ファンの図書館☆
長門有希の100冊、涼宮ハルヒシリーズ、谷川流作品を中心にオススメ本etcを紹介するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辛い飴―永見緋太郎の事件簿

田中啓文『辛い飴―永見緋太郎の事件簿』
『落下する緑』の永見緋太郎の事件簿シリーズ。

収録
・苦い水
・酸っぱい酒
・甘い土
・辛い飴
・塩っぱい球
・渋い夢
・淡白な毒

内容
ジャズミステリその2。
芸術家の日常で起こった「謎」を語り手のJazzトランペッター唐島英治の
バンドメンバーのテナー吹き永見緋太郎が鮮やかに解くシリーズ第二弾。
今回のサブタイトルは味シリーズ。
前回よりも音楽絡みの要素増加。

感想
やっぱりおもしろい!
音楽やってる人、特にJazzミュージシャンは読んでると「あるある」とか
「あるあr・・・ねーよwww」ってツッコミながら読める必読な作品。

酸っぱい酒の途中に出てくる

空中に放りだされた音楽は
ふたたび取りもどすことはできないから


というフレーズは、我が最愛のミュージシャンである故エリック・ドルフィーの
公式的には最後のアルバムであるラスト・デイトの最後に入れられたドルフィーの肉声
"When you hear music, after it's over, it's gone in the air.
You can never capture it again. "

からの借用フレーズですね。
高級焼酎「百年の孤独」にも書かれてるというJazz史上最も有名な名言の一つです。

ドルフィーはアルトetc.吹きで永見はテナー吹きですが
私の頭の中でなってる永見の音はコルトレーンとかではなく
ドルフィーをテナーにしたようなイメージだったので
ドルフィー様が引用されたり「ブルースの真実」の紹介で絶賛されてたりと
信者的に読んでてちょっと嬉しかったですw

ラスト・デイト
ラスト・デイト
posted with amazlet at 08.08.31
エリック・ドルフィー
ユニバーサル ミュージック クラシック (2003-04-23)
売り上げランキング: 63520

ブルースの真実
ブルースの真実
posted with amazlet at 08.08.31
オリヴァー・ネルソン
ユニバーサル ミュージック クラシック (2003-04-23)
売り上げランキング: 110459

コメント

トラックバックさせていただきました。

トラックバックお待ちしていますね。
【2009/05/23 03:17】 URL | 藍色 #-[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

辛い飴―永見緋太郎の事件簿 田中啓文

不思議な出来事や謎。テナーサックス奏者・永見緋太郎の鮮やかな名推理は―。 ライヴ感溢れる文体が魅力の"日常の謎"的ジャズミステリシリー... 粋な提案【2009/05/23 03:12】

カウンター

最近の記事

カテゴリー

~新商品とか~


プロフィール

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。