☆長門有希ファンの図書館☆
長門有希の100冊、涼宮ハルヒシリーズ、谷川流作品を中心にオススメ本etcを紹介するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミステリクロノ III

久住四季『ミステリクロノ III』

あらすじ
前回ラスト以来、慧から疎外感を感じる真里亜はクラスでからかわれつつも
友達も一人でき、がんばって慧の気を引こうとするがうまくいかず
居場所がなくなって落ち込む真里亜は家を出る。
しかも小布院家の身内と思われた真里亜は誘拐されてしまう。
アホの慧にぶちぎれの武臣&夕凪。
そして真里亜の体には"時間退行"のクロノグラフ、リグレストが
何者かの手によっていつの間にかつけられており、このままでは肉体が消滅してしまうという。

感想
どうしようもないヴォケの慧をしっかりぶっ飛ばしてくれた武臣GJ!
今回は犯人当て云々というよりも、時間との戦いのサスペンス仕立てで
久住四季の構成のうまさが光る感じでよかったです。
一巻最初はどうかと思った真里亜ですが、巻を追うごとに成長著しく
だんだんかわいくなってきましたね。いいよいいよ。
三田るちやって名前はもはやどうしようもないけどw

あとイラストが何枚かやけに濃いけど甘塩コメコ芸風変えたというか増えた?
特に夕凪姉さんがなんかダンバインに出てきそうなデザインにw

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カウンター

最近の記事

カテゴリー

~新商品とか~


プロフィール

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。