☆長門有希ファンの図書館☆
長門有希の100冊、涼宮ハルヒシリーズ、谷川流作品を中心にオススメ本etcを紹介するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GOSICK V―ゴシック・ベルゼブブの頭蓋―

GOSICK(5) ―ゴシック・ベルゼブブの頭蓋― (富士見ミステリー文庫)

桜庭一樹『GOSICK V―ゴシック・ベルゼブブの頭蓋―』

あらすじ
夏休みが終わったある日、ヴィクトリカはブロワ侯爵に連れ去られ
リトアニアの修道院<ベルゼブブの頭蓋>に軟禁されていた。
ヴィクトリカはそこで食事も拒んで過ごし、日に日に衰弱しているという。
横暴に怒る一弥はセシル先生と、進化したドリルブロワ警部の頼みもあり
ヴィクトリカを迎えに単身<ベルゼブブの頭蓋>へ向かう。
一弥はヴィクトリカと合流するが、そこで催されている夜会<ファンタスマゴリアの夜>で
発生した連続殺人事件に巻き込まれる。

感想
重要キャラ大集合な巻。
それにしてもあの糞親父は鉄拳制裁加えつつ
ツインドリルで目を串刺しにしてやりたいですことよ。

今回はあっちもこっちも「愛」でございます。
みなさまよく頑張りました。

トリック的には今回はミステリのトリックというよりマジシャンのトリックですね。

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カウンター

最近の記事

カテゴリー

~新商品とか~


プロフィール

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。