☆長門有希ファンの図書館☆
長門有希の100冊、涼宮ハルヒシリーズ、谷川流作品を中心にオススメ本etcを紹介するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GOSICKs―ゴシックエス・春来たる死神―

GOSICKs ―ゴシックエス・春来たる死神― (富士見ミステリー文庫)

桜庭一樹『GOSICKs―ゴシックエス・春来たる死神―』


収録&超あらすじ
GOSICKシリーズ短編、時系列順には一番最初(刊行順には長編1-4の次)

・プロローグ
・第一章 春やってくる旅人が学園に死をもたらす
…久城一弥の災難と、運命の出会い
・第二章 階段の十三段目では不吉なことが起こる
…8年前の死体と謎の本
・第三章 廃倉庫にはミリィ・マールの幽霊がいる
…疑惑のアブリル
・第四章 図書館のいちばん上には金色の妖精が棲んでいる
…大泥棒クィアランのお宝とヴィクトリカとアブリル
・第五章 午前三時に首なし貴婦人がやってくる
…学園に隠されたクィアランの盗んだ宝
・序 章 死神は金の花を見つける
…セシル先生とヴィクトリカ、セシル先生と一弥の出会い

感想
GOSICKって時系列順と刊行順どっちがいいんだろ?
わたしは1-2の後にs読んでその後時系列順に読んだけど。
基本的にどっちでも問題ないけど一番最初にオススメな巻だけは1かsか迷う余地がある…
…やっぱりどっちでもいいけど読めばわかる「ある理由」からやっぱ時系列でsかなぁ?

で、内容の感想。
やはり何回でも言わざるを得ない。
ヴィクトリカかわいいいいいいいいいいいいいいいいいい
んでから、アホで横暴なドリル警部はやっぱ最初は腹立ちますね。
一弥かわいそうですよ!
でもまぁおかげでヴィクトリカと出会えたわけだから結果オーライですけどw
セシル先生はちょっとまぬけだけど本当にいい人で出てくると和みます。
とてもいいキャラしてます。

この巻は事件自体はたいそうなものではなくキャラのお披露目&出会いの巻ですね。

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カウンター

最近の記事

カテゴリー

~新商品とか~


プロフィール

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。