☆長門有希ファンの図書館☆
長門有希の100冊、涼宮ハルヒシリーズ、谷川流作品を中心にオススメ本etcを紹介するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【完本】黒衣伝説 -長門有希の100冊

完本 黒衣伝説
完本 黒衣伝説
posted with amazlet at 12.01.09
朝松 健
早川書房
売り上げランキング: 191697

13番 朝松健『【完本】黒衣伝説』

内容
伝奇ホラー作家朝松健が、失踪したオカルト編集者那須蔵人の手記を元に記した
人類の歴史を裏で操ってきた「黒衣」をまとう奴らの陰謀論『黒衣伝説』を出版して13年、
それに「序章」「インタールード」「エピローグ」と注釈、牧野修の解説を加えて
【完本】としてよみがえる。

MIB、黄金の夜明け団、西洋魔術、クロウリー、メイザース、イルミナティ、
サン・ジェルマン伯爵、UFOその他もろもろが話題にあがる。

感想
自分がいったい何を読んでるのかわからなくなってくる不思議な書です。
どっからどこまでが何でどうでそしてうわああああああああああああああああ
っていう感じのオカルトでホラーでメタな小説でございます。
あとがきどころか解説まで含めて一つの話としてまとめてあるのが
個人的にツボでした。
しかしある意味一番気になるのは

序章の「五つを数え」た「朝松健のファンのサイト」

と、いうのにあのサイトが含まれているのかどうか。
私は現状コレ以外の朝松作品をさっぱり読んだことが無いんですけど
「あのサイト」は読書レビューページかつ朝松健ファンサイトだったようですから。
調べたところその「本人様」も同じことを気にしてたようですがw

で、谷川流的には作品への直接的な影響は強いてあげても
ハルヒの不思議探索とかまぁその辺でしょうけども
氏がファンだったからかどうか知りませんけども長門有希の100冊内の
41番アレイスター・クロウリー『法の書』は本の中で数多く話題に上がっていて
55番チャールズ・フォート『呪われし者の書』も『呪われた者の書』としてでてきます。
日本語訳されてない本がわざわざ邦題で挙げられた出所は
おそらくこの本の影響でしょう。
エリファス・レヴィの名前もちょろっと出てきます。
ついでに「と学会」の名前も一回だけでてきました。

しかし谷川ファン的には他の朝松作品も読んでみないといけませんね。

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カウンター

最近の記事

カテゴリー

~新商品とか~


プロフィール

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。