☆長門有希ファンの図書館☆
長門有希の100冊、涼宮ハルヒシリーズ、谷川流作品を中心にオススメ本etcを紹介するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説版 コードギアス反逆のルルーシュ STAGE-4- ZERO

コードギアス反逆のルルーシュ STAGE4 (4) (角川スニーカー文庫 201-5)

岩佐まもる
『コードギアス反逆のルルーシュ STAGE-4- ZERO』


内容
行政特区・日本設立計画~アニメ1期のラストまで。
前半は主にルルやコーネリアの視点から。
中華連邦の描写とかR2の伏線っぽい描写もちらほら。
トーキョー租界での決戦は基本原作をなぞるような感じで
V.V.とナナリーあたりに追加描写も。

感想
0~3まで同様に安心して読める水準でございます。
熱いぜ!そしてエグいぜ!

基本わたしは思考、行動的に
ルルーシュ、コーネリア、ギルフォードが好きで
小説版でロイドも好きになりました。
(キャラ的にはセシルさんとカレンと会長も好き。)
しかしですね。
ダールトンがかわいそうで仕方ない・゚・(つД`)・゚・
この作品で個人的に一番かわいそうではないかと。
愛情にも似た忠誠を尽くしてきた姉妹にわけわからんままに
撃たれてて撃ってて気付いたら燃やされてたなんてあんまりだ。・゚・(ノД`)・゚・。

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

コードギアス 反逆のルルーシュ STAGE-4-ZERO

コードギアス 反逆のルルーシュ STAGE-4-ZERO アマデウスの錯乱?【2008/03/02 08:58】

カウンター

最近の記事

カテゴリー

~新商品とか~


プロフィール

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。