☆長門有希ファンの図書館☆
長門有希の100冊、涼宮ハルヒシリーズ、谷川流作品を中心にオススメ本etcを紹介するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀月のソルトレージュ4 扉なき仮宿

銀月のソルトレージュ 4 (4) (富士見ファンタジア文庫 147-5)

枯野 瑛『銀月のソルトレージュ4 扉なき仮宿』

あらすじ
リュカが消え、ジネット&アルト老がフェルツヴェンを出てから二年。
旅の途中の列車の中で偶然、リュカである“妖精”(フェイ)を見つけたが
彼は12~14歳の姿で「ソル」と呼ばれ、二年以上前の記憶がなく
そしてソルには守るべき少女、エンリケッタ女王がいた。
リュカへの思いに気付き苦悩するジネット。
そんな中彼らの乗る列車が襲撃され、その後のエンリケッタの申し出により
ジネットは「ソル」やエンリケッタ達と行動を共にする…


帯KY
1巻2巻と全く空気読めてない工藤氏帯、3巻で中途半端な黒田さん帯を付けて
帯のおかげで買うのちょっと恥ずかしいのがこの作品の醍醐味だったのに
何が【王子、復活!】だよ意味わかんねーし笑えもしねーよ!!
ここはいっそ【ジネットたんテラ萌萌】とか開きなおるとこだろw

感想
と、いうわけで見返り美人なカラー絵のジネットとロリジネット激萌萌。

「ライト」ノベルとはやや言い難いしっかりした文章と凝った設定の
本格ファンタジーの中でさらっとアルト老がぞんざいな扱いを受けてたり、
いきなり独創的な擬音を使ってみたりと
リズムずらしというかなんというかそういうお遊びがめちゃツボですw

で、本編は激動の巻でした。
まさか彼があんなことになってそうなるとは…!
終盤展開のネタバレなしではこの巻は語りようがないので
今月頭ぐらいにようやく「あの」前スレから作者名&ソルトレージュになった
新スレに移行できたのでラノベ板ものぞいてみては。
魔法書、導きの言葉のフランス語説明とかもまとめてくれてます。

最近読み返してなかったのでサブキャラとか能力とかかなり忘れてて
その都度読み返しながら読んでたのでえらい時間かかりましたよw
工藤氏を筆頭とするアリススキーの方々は出番なくて残念でした。
でもきっとラストではまた激萌萌させてくれるでしょうw
次巻最後の幕が開くってことでおそらく後1~3巻で完結というのは
wktkでもありさびしくもありですね。

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カウンター

最近の記事

カテゴリー

~新商品とか~


プロフィール

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。