☆長門有希ファンの図書館☆
長門有希の100冊、涼宮ハルヒシリーズ、谷川流作品を中心にオススメ本etcを紹介するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女王国の城-学生アリス待望の新刊

女王国の城 (創元クライム・クラブ)

有栖川有栖『女王国の城』

※学生アリスシリーズは前作のネタバレになるようなことは書いてませんが
 火村シリーズなどと比較して続いてる感が強いので
 シリーズ順番に読むことをオススメします。
 ちなみに三作目の「双頭の悪魔」は長門有希の100冊に選ばれてます。

あらすじ
江神さんが失踪!?
下宿の痕跡を頼りにEMCメンバーは信州山奥にある
UFOと宇宙人を崇める新新興宗教団体<人類協会>の聖地、神倉へ。
その総本部「城」にて江神さんとの合流に成功するも
城内部で殺人事件が発生、しかも協会は何故か警察への連絡を頑なに拒み
EMC御一行+その時城にいた2名は軟禁状態となる。


感想
待ちに待って待ちまくったシリーズ新作は500p.上下段の大作。
敵だらけの城内における冒険劇と
エラリー・クイーンリスペクトの、論理が光る鮮やかな解答編がすばらしい。
その後の江神さんと犯人とその他大勢のやり取りもgood!
もっとこうだったら…っていう欲もなくはないけども
読み終わった後の爽快感が最高でございました。
登場人物が割と多いので、ちゃんと推理したい人はメモりながら読みませう。

作家アリスはいわゆる「サザエさん時空」を生きていますが、
学生アリスはちゃんとした時空を生きているために
舞台は未だに1990年(だったと思う、違ったら91年)なので
ところどころでバブルとかノストラダムスとか携帯電話とか
ある種自虐的な小ネタが挟まりますw

ところで362-363p.合計特殊出生率の単位は「パーセント」じゃないのでは?
正しくは単位なし、一般的わかりやすさで言うと人(ただしこれだと「率」ではない)
パーセントでいうのなら2.1ではなく210パーセントだっけか。
うろ覚えだけど。

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カウンター

最近の記事

カテゴリー

~新商品とか~


プロフィール

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。