☆長門有希ファンの図書館☆
長門有希の100冊、涼宮ハルヒシリーズ、谷川流作品を中心にオススメ本etcを紹介するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らき☆すた DVD初回限定版スペシャルCD 6巻

らき☆すた 6 限定版


らき☆すた DVD初回限定版スペシャルCD 6巻


1-6 らき☆すたBGM集 その6
01.ぶっぶぶっぶぶーだね、らき☆すた
02.切なき時間
03.1974
04.掲載、それは感動
05.戦場の有明
06.お正月だよ、らき☆すた
7-12 ラジオ番組「らっきー☆ちゃんねる」ダイジェストその6
07.アニメ第11回放送分のあとに…
08.プロデューサーからの指令その9
09.白石、あきら様におみやげを買ってくる
10.アニメ第12回放送分のあとに…
11.プロデューサーからの指令その12
※箱裏にはかき氷~って書いてるけどそれは前巻。
12.お便りご紹介~エンディング

簡単説明
って本編DISCのゆい姉さんの履歴書が一部黒井先生になってたり
最近ところどころミスが目立つぞしっかりしなせい!

で、曲~。
1、ファゴットの「こっぺこっぺぱ~ん」にやる気のない木琴と木魚が
 途中から入ってくる最強に気の抜ける一曲で超頻出曲。
※終わりの部分は単独でも使われることが超多いのでBGMチェックでもスルーしてます。
2、スローテンポのピアノソロ。
 神前さんはあまり気に入ってないらしいw
3、言うまでもなく「1942」のパロ曲。
 面クリアしたかなんかで、途中「もってけ!」のサビメロが挟まります。
 ちなみに「1974」は神前さんの誕生年らしいw
4、NTにこなたの葉書が載った時のファンファーレ。
5、コミケの時のアレです。
 戦争モノの映画で使われててもおかしくないクオリティの作品を
 一発ネタみたいな使い方してくるのが京アニ&神前クオリティ。
6、正月シーンのBGM。
 神前さんの解説見るまで全く気付かなかったけど
 「こなたのテーマ」無理やり律音階ver.だったのね。
 ってそんなとこに小ネタ仕込まれてもわかんねーよwww

1974の解説部分で神前さん自ら書いてますけど
らき☆すたはBGMへの凝り方が尋常じゃないのですよ。
ハルヒとらき☆すたは当blogでどこで何使ってるか調べてるので
その辺も参照したりしつつ神前さんの仕事っぷりに注目してみてください。
天才だってのは私が勝手に保証します。
そしてアホと天才紙一重ってよく言いますが、遊び心の域を超えて
アホの領域にもわりと踏み込むことが多いようですw

テーマ:らき☆すた - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カウンター

最近の記事

カテゴリー

~新商品とか~


プロフィール

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。