☆長門有希ファンの図書館☆
長門有希の100冊、涼宮ハルヒシリーズ、谷川流作品を中心にオススメ本etcを紹介するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレープを二度食えば-長門有希の100冊


クレープを二度食えば―自選短篇集 (ちくま文庫)
とり みき
筑摩書房
売り上げランキング: 583671

7番 とり・みき『クレープを二度食えば』 自選短篇集

収録
銀河ネットワークで歌を歌ったクジラ (原作・大原まり子)
遊星からの美少女X
青少年のための正しいサラリーマン講座
m・o・n・o・t・o・n・i・e
深夜族の逆襲
あしたのために
クレープを二度食えば

表題作あらすじ
1992年5月、中3の主人公が教育実習のお姉さんとデート中に
クレープを注文したら、8年前から女の子がタイムスリップしてくる話。

感想
短編漫画集。
SFな短編と電波な短編と、エキセントリックな自伝と。
絵柄もどうやら意図的に使い分けていて、「とり・みき」がどういう人物なのか
わたし的に謎が深まったw
で、時間系SFラブコメな表題作が一番おもしろかった。
SFとラブコメっていう組み合わせがイイ。
しかし
「納豆からしめんたいきざみネギバナナチョコ生クリーム入りクレープ」
は恐ろしすぎる。深い意味ではなく文字通り食いたくないw

ハルヒ的には、時間移動っていうSF要素を組み込まれた
現代人の日常って感じでしょうか。
ついでに主人公は巻き込まれ系少年だし。
直接的影響っていうより、こんなんもおもしろいねーっていう程度だろうけど。

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カウンター

最近の記事

カテゴリー

~新商品とか~


プロフィール

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。