☆長門有希ファンの図書館☆
長門有希の100冊、涼宮ハルヒシリーズ、谷川流作品を中心にオススメ本etcを紹介するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パスカルの鼻は長かった-長門有希の100冊

パスカルの鼻は長かった (1977年) (講談社文庫)
小峰 元
講談社
売り上げランキング: 667638

14番 小峰元『パスカルの鼻は長かった』
超あらすじ
受験を控えた高校三年生の小峰元が、同級生の女の子をヒモ解くためにがんばったり
アホ学校の高校生と喧嘩したりしてるうちに殺人事件に巻き込まれて
悪党やら警察から逃げ回るはめになって大変なことに……
は、なるようなならないようなドタバタ青春ミステリ

感想
『高三コース』昭和49/50に連載された作品だけあって、
受験勉強的な小ネタが随所に織り込まれた作品。

これを推理小説と呼ぶのかどうかは若干疑問やけど、
「高校生」のアホっぽさと勢いがあって非常に面白い作品です。
街で絡まれた喧嘩相手といつの間にか仲間になってたり、
古き良きアホ学生のノリと勢いが楽しい。

ハルヒ的には、主人公のしゃべりや地の文が若干キョンっぽい。
キョンにエロさと自尊心とアホっぽさを足した感じ?
…いや、それだと全く別なんやけどちょっと似てる。そんな感じ。
あの「P」氏も絶賛w

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カウンター

最近の記事

カテゴリー

~新商品とか~


プロフィール

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。