☆長門有希ファンの図書館☆
長門有希の100冊、涼宮ハルヒシリーズ、谷川流作品を中心にオススメ本etcを紹介するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホッグ連続殺人-長門有希の100冊

ホッグ連続殺人 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
ウィリアム・L. デアンドリア
早川書房
売り上げランキング: 132930

80番 ウィリアム・L・デアンドリア『ホッグ連続殺人』

超あらすじ
舞台はニューヨーク州の地方都市スパータ。
事の発端は一見ただの不幸な事故のように女子学生が乗る車の上に標示板が落ち
三人の内の二人が死亡した後に届いたHOGを名乗る犯人からの犯行声明だった。
(hog:ブタのpigじゃない言い方)
その後次々に被害者に老若男女を問わない残酷な殺人の犯行声明が届く。
はたして犯人とその目的は!?

感想
一言で言うとよく練られた見事なミステリーって印象。
一番ラストの一行が「おぉ!なるほど!」って感じで良い。
↓やや微妙にちょっとだけネタバレ注意(ちょっと見にくくしてみたw)
探偵役が多くて殺されていない登場人物が少ないので
読者的視点では容疑者がかなり絞られるのは、
フェアだけどちょい簡単すぎる気がしないでもない。


長門&ハルヒ、その他谷川作品とは直接的な関係はなさそうだけど
どことなーく既視感があるような気がしないでもなかった。
なんだろう……。

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カウンター

最近の記事

カテゴリー

~新商品とか~


プロフィール

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。