☆長門有希ファンの図書館☆
長門有希の100冊、涼宮ハルヒシリーズ、谷川流作品を中心にオススメ本etcを紹介するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海を見る人-長門有希の100冊

海を見る人 (ハヤカワ文庫 JA)
小林 泰三
早川書房
売り上げランキング: 82832

79番 小林泰三『海を見る人』

収録&超あらすじ
先生が少女に語る7つの物語。
1.時計の中のレンズ
→別の世界を目指して旅をする一族の少年族長の物語。

2.独裁者の掟
→帝国の独裁者「総統」と連邦が対立する世界の物語。

3.天獄と地国
→中心から外側へ重力が働く世界と地国の神話の物語。

4.キャッシュ
→恒星間有人飛行のための仮想世界で起きた事件の物語。

5.母と子と渦を旋る冒険
→純一郎君がお母さんのために宇宙を探査する物語。

6.海を見る人
→時の流れが違う町で暮らす少年と少女の純愛の物語。

7.門
→時間を超えることのできる「門」をめぐる物語。

感想
全部面白かった、これはすごい。
ハードSF好きは計算機片手に読むと違う世界が見えてくるらしいです。
が、文系の私は科学ファンタジーとしてしか読めません(笑)
「海を見る人」「門」の二編が特によかった。
SF作家の世界を創造する能力は
他ジャンルの作家を超越したものがあるように思えます。
「剣と魔法の世界」はもはやテンプレをどういじるかですし。

ハルヒとの関連性でいうとー。。。
「門」は時間を超える物語、「海を見る人」もテーマは時間、
「母と子と~」は「母」と「ユニット」
それぞれ直接的にはほとんど関係ありませんがまぁ、
みくると情報統合思念体&長門のヒントになってたりもするかもってレベルで。

あとミクルビームのマイクロブラックホールとかw

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カウンター

最近の記事

カテゴリー

~新商品とか~


プロフィール

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。