☆長門有希ファンの図書館☆
長門有希の100冊、涼宮ハルヒシリーズ、谷川流作品を中心にオススメ本etcを紹介するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グランド・フィナーレ-長門文庫@サムデイインザレイン

グランド・フィナーレ (講談社文庫)
阿部 和重
講談社
売り上げランキング: 33729

阿部和重『グランド・フィナーレ』
第132回芥川賞受賞作。

収録
グランド・フィナーレ
馬小屋の女
新宿ヨドバシカメラ
20世紀

表題作超あらすじ
ロリどころかペドどころか自分の娘の裸にまで手を出すような
どうしようもない性癖がばれて、当然離婚して娘と接触できなくなった主人公の話。

感想
個人的には、愛があれば年齢なんてどーでもいいとは思いますが。
思いますが自分の娘はさすがにねーだろ……。
しかも立場を利用して小学生のヌード写真とるはセックスするは
この主人公どんだけクズですか……。
本当に愛し合ってるんなら「高校教師」だろうが中学生だろうが小学生だろうが
相手が何歳だろうがかまわんと思いますがこれは鬼畜すぎ。
普通のすっきりさわやか、感動、驚愕etc.のおもしろいではなく
鬼畜野郎の生々しさがキモすぎるという意味での「おもしろい」

表題作以外は
馬小屋の女→……ものすごいオナホールを買いに行く話。なんぞこれー。
新宿ヨドバシカメラ→おまえ最後の一文書きたかっただけやろw
20世紀→神町。

ハルヒ的にはなぜ芥川賞祭でグランドフィナーレ出したんですかね。
芥川祭セットとして
愛情とはなんぞや、性欲とはなんぞや、変態とはなんぞや、鬼畜とはなんぞや、
みたいな感じで、長門さんの性のお勉強でしょうか?

ってかオナホールなんて卑猥な文字列を長門さんに読ませるなー!あほー!
眼鏡属性がわからなかったぐらいですからこれもきっと理解不能アイテムだったでしょうw

コメント

はじめまして^^

私のブログで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://blog.livedoor.jp/gomamint2011/archives/50132439.html
です。
【2007/04/18 09:03】 URL | インフォ #-[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カウンター

最近の記事

カテゴリー

~新商品とか~


プロフィール

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。