☆長門有希ファンの図書館☆
長門有希の100冊、涼宮ハルヒシリーズ、谷川流作品を中心にオススメ本etcを紹介するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイリアン妖山記-長門有希の100冊

エイリアン妖山記 (ソノラマ文庫 (300))
菊地 秀行
朝日ソノラマ
売り上げランキング: 165155

17番 菊地秀行『エイリアン妖山記』

トレジャーハンターシリーズ(エイリアンシリーズ)6作目(7冊目)
作中であまり出てこない主人公の名前さえ抑えとけば
シリーズ通して読まなくても楽しめます。
【八頭 大】(やがしら だい)
先祖代々トレジャーハンター。世界で屈指の凄腕をもつエロ高校生。
【太宰 ゆき】(だざい ゆき)
お宝大好き淫乱女子高生。
【リマ】
美人食人鬼。

超あらすじ
お宝が眠る山に突撃してみたらトラップだらけ、妖怪変化だらけ、
あげくどうやっても下山できません!

感想
1985年出版ということで表現が古かったりしますがそれはそれ。
主人公がエロいのはよくあることですが、
ヒロインがお宝の妄想をおかずに人目もはばからずオナニーはじめたり
男好きの淫乱娘だったりするのはある意味斬新w
ルパンと峰不二子の関係に近い。
言葉遣いや表現に時代は感じるけども内容はおもしろかったです。
次から次へとトラップやら敵やらがテンポよくガンガン出てくるのでダレない。

ハルヒ的にはなんだろね。
冒険でしょでしょ的な非日常の内容だったり、「山に眠るお宝」だったり
ヒロインが「ゆき」だったり、ジョン・スミスという名前も一瞬出てきたり
ただの人間じゃないジャパニーズ妖怪が色々出てきたり
……まぁしかし、そんなに重要な関連はなしか。
ところで長門さんもハルヒみたいに体を持て余したりすることあるんですかね。

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カウンター

最近の記事

カテゴリー

~新商品とか~


プロフィール

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。