☆長門有希ファンの図書館☆
長門有希の100冊、涼宮ハルヒシリーズ、谷川流作品を中心にオススメ本etcを紹介するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太鼓叩きはなぜ笑う-バーテンダー探偵

太鼓叩きはなぜ笑う (創元推理文庫)

鮎川哲也『太鼓叩きはなぜ笑う』

超あらすじ
私立探偵で元刑事の「わたし」が難事件を相談しに
バー<三番館>にいくとバーテンが解決してくれる話。中編集。

感想
中編にしては事件も解決編もしっかりしていてすばらしい。
無駄なくスッキリって感じ。
本格物でいわゆる安楽椅子探偵。いいよいいよ。

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

今日はちょっと趣向を変えて・・・ バーテンダー

最近、何度も読み返している本に新刊がでました。 バーテンダー 5 (5) 「神のグラス」と賞される至高の一杯を作り出す、バーテンダー・佐々倉溜の物語。原作は酒の達人と呼ばれた 城アラキ。他にも「ソムリエ 」なんかを著しています。いろんな酒が出てきて楽しいのは勿論 目指せ酒仙! 将来の店に置く旨い酒を求めて! 酒日記【2006/12/02 02:30】

カウンター

最近の記事

カテゴリー

~新商品とか~


プロフィール

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。