☆長門有希ファンの図書館☆
長門有希の100冊、涼宮ハルヒシリーズ、谷川流作品を中心にオススメ本etcを紹介するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終戦争論-天才軍人、石原莞爾の予言

最終戦争論 (中公文庫BIBLIO20世紀)
石原 莞爾
中央公論新社 (2001/09)
売り上げランキング: 16232
おすすめ度の平均: 4.5
5 戦争、とゆーのではなくて。
5 歴史の残酷さを思う
4 昭和初期のビジョナリー


石原莞爾『最終戦争論』


概要
戦争には決戦戦争と持久戦争がある。
兵器が発達してきて、近い将来人類最後の戦争が起こり平和の時代へと向かう。

感想
満州事変主導者、石原莞爾(1889-1949年)の思想。
当時の思想なので天皇陛下への配慮の必要が当然あったであろうし
あるいは本当に日本の勝利を信じていたのかもしれないが、
その先見の明はすばらしい。
「論」自体には日本とかなんとか言っていない点もすばらしい。
仏教とのこじつけとか、わりとどうでもいい所もあるが
半世紀以上前の軍人の妄想とあなどることなかれ。
東条英機さえいなければ今の世界はいくらか違っていただろう。

また、現世であれ異世界であれ戦争物の小説を書いている、
書こうとしている人は、絶対に一度読んでおいた方がいい本。

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

東条英機

東条英機東條 英機(とうじょう ひでき、新字体で東条 英機、1884年7月30日(戸籍上は12月30日) — 1948年12月23日)は、日本の大日本帝国陸軍|陸軍軍人、政治家、第40代内閣総理大臣(1941年10月18日 - 1944年7月18日)。階級位階勲等金鵄勲章|功 あやの日記【2007/05/18 10:49】

カウンター

最近の記事

カテゴリー

~新商品とか~


プロフィール

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。