☆長門有希ファンの図書館☆
長門有希の100冊、涼宮ハルヒシリーズ、谷川流作品を中心にオススメ本etcを紹介するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“文学少女”と恋する挿話集 1

“文学少女”と恋する挿話集 1 (ファミ通文庫)

野村美月『“文学少女”と恋する挿話集 1』


目次
“文学少女”と恋する牛魔王
“文学少女”の今日のおやつ ~『更級日記』~
“文学少女”と革命する労働者 (書き下ろし)
“文学少女”の今日のおやつ ~『万葉集』~
“文学少女”と病がちな乙女 (書き下ろし)
“文学少女”の今日のおやつ ~『ムギと王さま』~
無口な王子と歩き下手の人魚 (書き下ろし)
“文学少女”と扉のこちらの姫
“文学少女”と浮気な預言者
“文学少女”の今日のおやつ 特別編~『スノーグース』~ (書き下ろし)

感想とか
“文学少女”シリーズ短編集第一弾。
時系列はバッラバラなので、ちょっとした描写ですぐ理解できる本編既読者向き。
コノハが一年だったり、遠子先輩が一年だったり、本編裏側のちょっとした出来事だったり。
ななせは一瞬しか出てこないので、ななせファンは挿話集2に期待せよ!
ってかwebの残りってななせと森ちゃんの話ばっかりだから次は他のキャラがやばい!w

「無口な王子と歩き下手の人魚」はプラネタリウム後の美羽と芥川の話で
本編ではかなりアレな、ツンデレかつヤンデレな美羽を好きになれそうな
カカオ80%ぐらいのチョコレートのような濃くて苦いけど甘いストーリーでイチオシ。

このblog的には長門有希の100冊11番 『世界SF全集12』のうちの1/2
R・A・ハインライン『夏への扉』が絡んでくる「“文学少女”と扉のこちらの姫」も推したいw
麻貴が遠子先輩に一目惚れして付け回してる時に起こった事件の話だけど
事件そのものより麻貴に引いてる遠子先輩がおもしろい。
『夏への扉』はどう読んでもおもしろい名作なので文学少女ファンも長門ファンも読んどけ☆
夏への扉 (ハヤカワ文庫 SF (345))
ロバート・A・ハインライン 福島 正実
早川書房
売り上げランキング: 4001

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カウンター

最近の記事

カテゴリー

~新商品とか~


プロフィール

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。