☆長門有希ファンの図書館☆
長門有希の100冊、涼宮ハルヒシリーズ、谷川流作品を中心にオススメ本etcを紹介するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少年エース 2009年 10月号

少年エースA 2009年 10月号 [雑誌]
少年エースA 2009年 10月号
付録はキミドリさんだっこ風船

・喰霊
梵字タトゥーアーチャー・ゴスロリトンファー・鬼面チビの四天王(一人は帝)急襲!
ゴスロリトンファーブレード(服部さん?)強すぎDeath
どー考えても帝くんよりつええ。刹那呼んで来い。
ラストはもぅ…やばすぎる。
しかも隣のページが『日常』とか!w

・マクロスF
「こんないい女 めったにいないんだからね!」
シェリルかわいいよシェリル


未来日記、よくわからんけどなんかおもしろそうだし
漫喫かどっかでコミックス読んで追いつく必要がありそうだ
スポンサーサイト

喰霊 喰霊-零-

テーマ:喰霊-零- - ジャンル:アニメ・コミック

喰霊 The Enchained Spiritual Beast [GA-REI] 10

喰霊 (10) (角川コミックス・エース 160-11)
瀬川はじめ『喰霊 10』
The Enchained Spiritual Beast [GA-REI]

初回限定特典、タヌキ外伝タヌキックOP&ED楽譜カード付き!!
オープニングテーマ High Speed Tanukick
エンディングテーマ Yume No Oku
作詞作曲 瀬川はじめ 編曲 Productive-Emotion

CONTENTS
第41話 幽閉姉妹 [ユーヘイ・シスターズ]
第42話 逃亡姉妹 [トーボー・シスターズ]
第43話 傷心の追跡者 [ショウシンノ・チェイサー]
第44話 そろそろ滅亡計画 [ソロソロ・メツボウ・プラン]
番外編 ファントム迷霧 [ファントム・メイム]
オマケ [カキオロシエヌジーシュウ]
後書 [アトガキ]

メモ
・"黒き巫女"=黄泉
・"白き巫女"=神楽
・"滅亡プラン"進行中

・作者、blogをはじめる。タヌキ外伝タヌキックは必見w
 「 瀬川はじめました 」


妖怪・霊獣・法術など
・"七人同行"(雪山バージョン)
・岡間斬九郎…"黒き巫女"の護衛として奈落より遣わされた古の退魔師。オカマ。
・服部内蔵…同じく。チョンマゲバットマン。
・"でいたらぼっち"?=雪の巨人
・"土地神"
・"人喰い村"

咲-saki-

咲-Saki 1 (ヤングガンガンコミックス) 咲-Saki 2 (ヤングガンガンコミックス) 咲 -Saki- 3 (ヤングガンガンコミックス)
小林立『咲-saki-』

内容
本格美少女百合麻雀。

感想
一部超能力有りの本格麻雀。
主人公の咲が一番エグい魔王な超能力持ってるのがアレですけども
いっぱいいるキャラがそれぞれキャラも打ち方も特徴あっておもしろいです。
特に龍門渕はいつの間にか魅力的な仲良しチームになってて良し!
とーかがデジタル的、井上がオカルト的解説をしてはじめちゃんが〆る流れは万能!

・好きなキャラ
とーか&はじめ、池田、SD衣、かじゅ、ワハハ:D
・好きな局
決勝先鋒戦(タコス・井上・キャプテン・むっきー)後半戦 南1-0
→キャプテン開眼でタコス支援のドラ切り
副将戦(のどっち・とーか・深堀・ステルス)前半戦 南1-0
→リーチ一発いらっしゃいまし断ヤオ平和一盃口赤裏の親倍8000オール
大将戦(咲・衣・池田・かじゅ)前半戦 東2-1
→「搶槓だ その槓成立せず!」
大将戦 後半戦 東2-3
→咲から0点池田に搶槓ドラ7 16900を差し込み支援
大将戦 後半戦 東3
→にゃーーーーーーー~!!
 ツモ リーチ一発平和純全三色一盃口ドラ3 数え役満!32000!!
 そろそろまぜろよ
大将戦 後半戦 南3
→カンもいっこカン カン ツモ 嶺上開花断ヤオトイトイ三暗刻三槓子 8000オール

何と言っても池田のそろまぜ、次に咲の連カン親倍ですね。
安い手がどんどん伸びていってうぉおおおおおおおっていうのはやっぱゾクゾクします。
オーラスはちょっとやりすぎなうえにやってること一緒なのが迫力不足かも。
衣から月(一筒)奪い取って血染めの五筒開花でトドメってのは魔王らしくてよかったけどw

個人戦では
のどっち・とーか・キャプテン・かじゅのデジタル最強決定戦とか
タコス・とーか・池田・ワハハのネタキャラ決定戦を期待してたんだけど
アニメスタッフはどうもとーかをかませにしたいらしく残念すぎるので
原作の方で期待したいところです。

咲 -Saki- 4 (ヤングガンガンコミックス) 咲 -Saki- 5 (ヤングガンガンコミックス) 咲-Saki- 6 (ヤングガンガンコミックス)

かなめも

かなめも (1) (まんがタイムKRコミックス) かなめも (2) (まんがタイムKRコミックス)
石見翔子『かなめも』

おばあちゃんが亡くなって天涯孤独の身になってしまったかなが
ドキっ!女の子だらけの新聞屋!風新新聞に住み込みで働くはーとふる4コマ。
アニメも原作も時々ちょっと引くぐらいぶっとんでてイイヨイイヨ~。
ぶっとんだやつらの日常系は非日常というタイプ。

ゆうきのヤンデレが若干怖いゆめ×ゆうきのガチカプやら
幼女好き~の変態はるかやら
かなと美華のアホの子二人やらの中にいると
ひなたが唯一のまともな人に見える不思議!w
(代理は何かもう別枠な感じw)

ちなみに個人的イチオシはゆめです

鷲見ヶ原うぐいすの論証

鷲見ヶ原うぐいすの論証 (電撃文庫)
久住四季『鷲見ヶ原うぐいすの論証』

あらすじ
頭脳派美少女鷲見ヶ原うぐいすと直感型主人公麻生丹譲の二人が
魔術師であるとの噂がある天才数学者にその真否を確かめてこいと
生徒会長薬歌玲に依頼され、博士が住む人里離れた「麒麟館」へと
パーティーの客として玲の代理で赴く。
博士はゲームをして客の内から遺産相続者を選ぶと言いだし
その晩首なし死体となって発見される。

感想
「死体の首が切断されていた場合、そこには必ず合理的な理由が存在する」
そういう事件で、しかも容疑者が全員無実という状況で
うぐいすの論理とゆずさんの直感で真相に迫っていくのだけども
このうぐいすが予想外に超かわいいw
設定だけだと
「灰色狼」ヴィクトリカやら「青色サヴァン」玖渚友やらを想像して
上から目線の天才ツンデレ少女かと思いきや
素直ないい子で二段階でデレる斬新な頭脳派ヒロインだったw
振り回されるゆずさんもよくがんばるタイプのなかなか好印象なヤツなので
安心してうぐいすをまかせられますw

他にも良いキャラ多数いるので是非シリーズ化を。

というかシリーズ化しないと最大の謎が謎のまま終わってしまうw

最大の謎
トリスタ、ミスクロの久住四季久々の新作。
しかもただの新作とは若干意味合いが違ってくる。

「私立城翠大学付属高校」に3年で生徒会長の「薬歌玲」が登場する。

ぶっちゃけ首切り殺人なんかより最大のミステリでございますw

この最大の謎がなんなのかと。

とりあえずこの世界ではすでに携帯電話が高校生レベルで普及してて
オズなんて名前は出てこないけど魔術の研究者がいてて
『不機嫌顔の暴君』薬歌玲は17~18歳。
ちなみに「手鞠坂」は少なくとも今回出てこなかったw

たとえばトリスタの15年ぐらい前の話だとすると
この薬歌玲は間違いなく薬歌玲本人である。
が、トリスタのアルトリーチェ薬歌玲とはあまりにもキャラが違う。
アルトリーチェ薬歌玲は薬歌玲本人の偽装ではなく
代理人薬歌玲に化けたモノで本物薬歌玲はどっか避難してるんじゃなかろうか?
というわけで『不機嫌顔の暴君』が良いキャラしてるので希望も込めて
トリスタ世界で本物薬歌玲生存説を唱えてみる。

ゆるゆり 1

ゆるゆり 1 (IDコミックス 百合姫コミックス)
なもり『ゆるゆり 1』

内容
女子中学生達のゆるい日常

感想
どう考えてもそんなにおもしろくないんだけど
なんも考えずに読めばなんだか妙におもしろいような気がしてしまう
超ゆるくてびみょ~に百合なマンガ。
要するにタイトル通り。

まぁなんだ

かわいーおにゃのこがキャッキャウフフしてたらおk

こまけぇこたぁいいんだよ!!

蜻蛉迷宮1

蜻蛉迷宮 1 (電撃コミックス)
原作:谷川流 キャラクターメイキング:武田日向 作画:菜住小羽
『蜻蛉迷宮 1』

あらすじ
出奔した兄の代わりに家を継ぐことになり
一度捨てた田舎のでかい屋敷に帰ってきた主人公、櫛木宗次。
彼を待っていたのは実の妹・腹違いの妹・義理の妹と連続殺人事件。
被害者の後輩でクラスメイトの由香子によって事件の捜査に巻き込まれるが
一番怪しいのは最初から兄と妹達であると見ていて――

感想
現状ミステリなのかホラーなのかも謎な谷川流最新作。
連載分ではさらにわけがわからなくなっておりますw
とりあえず絶望系のニオイがぷんぷんするぜ!
個人的には某杉井の『イタカ』とも似たニオイを感じる。
おもしろそうな気はするんだけどまだまだ推理も評価もしようがないでございますよ

比べられる対象が武田日向ってのはハードル高すぎてかわいそうだし
がんばってるのはわかるんだけど作画もうちょ~っとどうにかならんかな。
具体的には影の付け方と、あと女体w

さんぶんのいち。 2

さんぶんのいち。 2 (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ)
松沢まり『さんぶんのいち。 2』

いつの間にか新刊出てた…orz

あいかわらず掲載紙にめぐまれないかわいそうな漫画家松沢まりの
男-女-女な変則三角関係を描いた第二段。
まぁ今回は移籍先でちゃんと完結できたみたいだからいぬかみっ!よりはマシか

この巻だけだと葵がひたすら不幸なので幸せになって欲しいなぁ…
改心しようがしまいが渡は許せないし楓は楓でアレだし。
柚は男前なんだからもう潔く百合の園に落ちてしまえばいいんだw

溜息きたー

今週の長門本は『ユングと占星術』

更新サボってると何を書いて何を書いてないかわからんよーになってくるw
とりあえず最近はハルヒ以外だと咲とCANAANに注目中
後はなんかぶっとんでるというかもはや狂ってるかなめもとか

カウンター

最近の記事

カテゴリー

~新商品とか~


プロフィール

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。