☆長門有希ファンの図書館☆
長門有希の100冊、涼宮ハルヒシリーズ、谷川流作品を中心にオススメ本etcを紹介するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たわしねこ

これは反則、狙いすぎの萌キャラはあうあう

ぬこきゃわええー
スポンサーサイト

【新刊】“文学少女”と神に臨む作家 上

“文学少女”と神に臨む作家 上

野村美月『“文学少女”と神に臨む作家 上』

遠子先輩・゚・(つД`)・゚・
心葉のへたれ具合にはインド人もヘタリア人もびっくりだよ!
theツンデレななせもかわいいけど
あかんのや、そっち行ったらあかんのや~~~~~~
それならむしろ魚谷さんが……


また来月ぐらいにあらすじとかは既刊まとめて紹介します。

みっくみく

キャラクターボーカルシリーズ01 初音ミク (1/8スケールPVC塗装済み完成品)

ねんどろいどに続いてまたフィギア化らしい。
出始めのころは(技術的に)すごい時代だなぁとしか思わなかったけど
今は何というかいろんな意味ですごい時代だw

でも、あれだよね。
「初音ミク」は楽器だから
楽器屋でミニチュアバイオリンとかギターのキーホルダー売ってるような感じ?w

らき☆すた DVD初回限定版スペシャルCD 11巻

らき☆すた 11 限定版

らき☆すた DVD初回限定版スペシャルCD 11巻

1-6 らき☆すたBGM集 その11
01 センチメンタル修学旅行~ちょっと速い~
02 センチメンタル修学旅行~ちょっと遅い~
03 センチメンタル修学旅行~奈良っぽい~
04 かがみの初恋
05 銀河白石
06 かなたのテーマ
7-12 ラジオ番組「らっきー☆ちゃんねる」ダイジェストその11
07 今回も小野さんと二人で放送…と思ったら?
08 樹海から帰ってきた白石くんを無視しながら小野さんとトーク。
09 白石くんを無視しながら「ポイント加算らっきーず」。
10 あきら様も白石くんも失踪! さあ、どうなる!?
11 柊姉妹のゆるゆるトーク その1
12 柊姉妹のゆるゆるトーク その2

簡単説明とか
1-3は名前の通り修学旅行の時のBGM。3は琴。
4は「かがみキュン」ピアノストリングスver. この曲名どうなんだ?w
5は名前の通り999なアレ。

で、6かなたのテーマ。
全力投球な逸品で神前さんの解説も超長いw
あのシーン専用なので展開もシーンに合わせてのもので
イントロ部分がカットされている以外はフルサイズで本編に出ていて
解説もそれに合わせて細かく書かれております。
名曲。ビバ神前暁。

テーマ:らき☆すた - ジャンル:アニメ・コミック

みなみけびより

みなみけ びより

みなみけ&みなみけ~おかわり~キャラクターソングアルバム
みなみけ びより

収録曲
01.南 春香「ハルアイ」
02.南 夏奈「特盛りハッピー」
03.南 千秋「過度の期待にご用心。」
04.南 冬馬「ミライトラベル」 
05.マコト「MATOKONOKO」
06.内田と吉野「せーのっ」
07.藤岡「桜色ラブレター」
08.リコとケイコ「ヒビ×ヒビ=ハピネス」
09.保坂「No problem」
10.マキとアツコ「ガール純度UP↑」
11.先生と二宮くん「二人の輪舞よ永遠に ~ザ・愛と情熱のロンド~」
ボーナストラック
12.南 千秋「過度の期待にご用心。もしもチアキが歌ったら Ver.」

各感想とか
・ハルカ姉さまはまったり優しい感じ
・カナは元気でノリのいい曲
・千秋は冬馬にツッコマれながらダルそうに歌っ……えええええええっw
水樹奈々冬馬かっけーwメロもアレンジも普通にかっこいいw
 ちょっとブレスを強調したりタメと語尾がややクドいあたりが多分「冬馬」の印。
・さすがマコちゃん完全に女の子だ!ゲストツッコミ多数。
 ジュディマリと川本真琴…っていうかるろ剣OPの影響を受けたガールズポップっぽい。
・内田と吉野がすごくいい。
 ぴこぴこ音とか使いつつ軽くてポップな感じがめっちゃかわいい。
・藤岡…普通すぎて浮いててどうしようもなくて笑えるのが藤岡らしいのかもしれないw
・リコ&ケイコは90年前後の香りがする軽快な曲。わりといいかも。

・保坂=小野大輔=キモカッコイイ
 キモカッコイイという言葉以外に思いつかないw

・マキ&アツコもいい感じ。 『経験値上昇中☆』と『カラフルDAYS』たして2で割った感じ。
 歌詞も濃すぎずいい具合だしこのままみなみけのOPかEDに使えそう。
・まさかの登場先生と二ノ宮くんは昭和歌謡風デュエット。
 ルールールール~~ルル~~~。
 速水や冬馬兄s、ユウ、プレーンヨーグルト、山田、アイツ、その他
 多くのモブキャラを差し置いての選出は……うん、ありあり。
・千秋歌のフル&セルフツッコミver.
 ツッコミは冬馬のままの方がよかったかも。

全体的にいい感じ。
三姉妹と保坂はもう一曲ずつぐらい欲しいところだけど
買うのがアルバム一枚で済むのは正直助かりますw

内田&吉野とマキ&アツコが良い意味で予想を裏切ってくれたのと
保坂の尋常じゃないレベルの気持ち悪さを中心に
平均クオリティも高いし聴き所満載なので
買うか迷ってるみなみけファンは買っとこうぜぃ

テーマ:みなみけ - ジャンル:アニメ・コミック

銀月のソルトレージュ5 針のように細い銀の月

枯野瑛
『銀月のソルトレージュ5 針のように細い銀の月』


あらすじ
――リュカ帰還――
若奥様化するジネット
少し成長したアリス
平穏すぎる日常。

このままで良いわけがない

そしてリュカは自らの意志で動きだす

感想
開いた瞬間アリスに激萌萌。
しかしこの最終巻ではジネットも激萌萌。
ずっっっっと自分を慕い、そして支えてくれていたアリスと
共に修羅場をくぐりぬけ、多大な苦しみと喜びを分かち合ったジネットと
そんなもん選べるわけがありませんよ。
ジネット、アリス、アルト老、そして作者に幸多からんことを。

これほど設定とシリアスと笑いのバランスがすばらしいファンタジーは
非常に稀で非常に貴重な存在でした。
次回作も期待してます、ひとまずお疲れ様でした。

で。
過去の栄光にしがみつく最低の勘違いレーベルと成り果てた、
ジャンプより100倍酷い現在の富士見ファンタジア文庫でさえなければ
深く練り込まれた設定や伏線やサブキャラ達がもっと生きてきたであろうことを思うと
残念でなりませんが、作者はその中で最良の終わらせ方ができたと信じます。
この作品の世界を美しくまとめ閉じるためには
7~8巻の本編+外伝or短編が2~3冊
ってのがふさわしい形だったと思うので。

一巻と二巻の帯がまともであったならば
もっと広く読まれたであろう可能性も否定できないけど
ネタとしてはかなりの破壊力を持っていたことも間違いないので
アノ帯はどーだったんですかねーw

一つだけ確かなのは3巻以降急に方向転換した帯は
もはやおもしろくもなければいまさら遅くて意味もないダメ帯だと。

今日買った新刊+1

枯野瑛
『銀月のソルトレージュ5 針のように細い銀の月』

最終巻……もっと続けれるだろ(;つД`)

乃木坂春香の秘密 (電撃文庫)
五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密』1巻
気になって買ってみた第一巻。
ラノベ2冊はまた読んでから書きます。

DRAGON AGE Pure (ドラゴンエイジピュア) 2008年 06月号 [雑誌]
DRAGON AGE Pure (ドラゴンエイジピュア) 2008年 06月号

ドラゴンエイジピュアは初購入。
理由は簡単、武田日向の36p.の画集が付いてるから。
マンガ版GOSICKのお試しみたいなんも付いてて
こちらは天乃咲哉って人が作画なんだけどこちらもいい感じ。
コミックスでたら絶対買いますよ

もってっけーーーーーーー

ダイヤモンド・クレバス

マクロスFのシェリル・ノームシングルは5/8発売のようで。

「ダイヤモンド・クレパス」と
もってっけーーーーーーーでおなじみ
「射手座☆午後九時Don't be late」
とんでっけーーーーーーーをフルで聴きたくてもう今からwktkですよ。

それはそうと
バサラもシェリルも「4人」とも好きだけど
マクロスのしゃべりの人と歌の人を分けるやり方が理解できない。
というかありえない。
そんなことするならジブリでもいいから声そろえてくれ

今日買った新刊

ハヤテのごとく! 15 (15) (少年サンデーコミックス)ひとひら 5 (5) (アクションコミックス)電撃文庫MAGAZINE (マガジン) 2008年 05月号 [雑誌]


畑健次郎『ハヤテのごとく!』15巻
一話完結が多めでいろんなキャラが活躍できててナイス。
ヒナギクとサキさんあいかわらずかわええ。
伊澄もいいよいいよー。

だがしかし、今思えば3バカの出番が少ない!
次は泉をもっと!


桐原いづみ『ひとひら』5巻


麦、順調に成長中。
ちとせブラックが降臨したり
あっちこっちで複雑なフラグが立ったり
ストーリーがとてもよいです、はい。

しかし美麗さん出番一瞬だけ><
ってかののさんの隣は桂木じゃなくて美麗でしょやっぱ!

『電撃文庫MAGAZINE』VOL.1

VOL.1ってのとシャナの巨大ポスター付きってことで何となく買ってみた。
「キノの旅」読んだことないけどちょっと興味あったし。
それより乃木坂春香おもしろそうだし買ってみるか。
で。
シャナの新刊短編かよ……。
いや、短編も読みたいけど本編あそこで切るなー

ノベル部分はまだほとんど読んでないんでまた後日書くかも書かないかも。

ドラマCD バカとテストと召喚獣 キャスト発表

ドラマCD バカとテストと召喚獣
ドラマCD バカとテストと召喚獣

ドラマCD化が来月発売になるバカテス。
ファミ通文庫Onlineでキャストきました。

吉井明久:下野 紘
姫路瑞希:中原麻衣
島田美波:清水香里
坂本雄二:谷山紀章
木下秀吉:水原 薫
土屋康太:川田紳司
霧島翔子:氷青
教  師:津田健次郎


みさおの秀吉と川田伸司のムッツリーニが想像つかないw
氷青って人名前見たことはある気がするけど声が思い出せない…

GOSICKs III―ゴシックエス・秋の花の思い出―

GOSICKs 3 (3) (富士見ミステリー文庫 38-12)

桜庭一樹『GOSICKs III―ゴシックエス・秋の花の思い出―』

収録&超あらすじ
プロローグ
第一話「純潔」
――白い薔薇のおはなし ―AD1789 フランス―
…また風邪をひいたヴィクトリカにお花とそれに関連した物語を届ける一弥。
 フランス革命で処刑される美しい貴族の話。

第二話「永遠」
――紫のチューリップのおはなし ―AD1635 オランダ―
…オランダのチューリップ商人の話。

第三話「幻惑」
――黒いマンドラゴラのおはなし ―AD23 中国―
…呪われた戦う乙女の話。

第四話「思い出」
――黄のエーデルワイスのおはなし ―AD1627 アメリカ―
…新大陸で有名な花屋を起こした強い女性の話。

第五話 花びらと梟
…サー・ブラッドリーの息子夫婦の話。
エピローグ

感想
花にまつわるエピソードを一弥がヴィクトリカに読んであげて
そこに隠された謎をヴィクトリカが明らかにして、それを聞いた一弥が
えっ、コレってそんな話だったの!?がびーん
ってなるまったり短編集。

見所はなんといっても武田日向のヴィクトリカのイラストたち。
その破壊力は無限大。

最後に次につながる不穏な空気を醸しだしつつ
……一年が過ぎましたw
おーい作者~、直木賞とかとってないで続き頼んますw

GOSICK VI―ゴシック・仮面舞踏会の夜―

GOSICK〈6〉ゴシック・仮面舞踏会の夜 (富士見ミステリー文庫)

桜庭一樹『GOSICK VI―ゴシック・仮面舞踏会の夜―』

あらすじ
<ベルゼブブの頭蓋>を脱出し、その帰りの列車<オールド・マスカレード号>内部。
コンパートメントで一緒になった乗客達は<孤児>と名乗ったおかしな少女に合わせて
それぞれ<公妃><木こり><死者>、そして<灰色狼>とその<家来>と名乗った。
そして、列車という密室の内部で殺人事件が発生、
さらにその後、列車はコントロールを失い巨大な弾丸と化す。

感想
今回はアクションですよ。
そしてヴィクトリカinメイド服。
あれですよ、ギザカワユスってやつですよ。
二人の愛の力があれば暴走列車もデビルガンダムもどうってことないぜ!

そして今回はいつも以上に伏線回収マジックが炸裂してます。
それもか!あれもか!あぁそういえばあったあった!
そんなんのラッシュであります。

うわあああああああ

昨日数か月ぶりに100hit切ってるしorz
新年度で忙しいんだろうけどこれはマズい。
更新はしてるんだがねぇ

ミステリクロノ III

久住四季『ミステリクロノ III』

あらすじ
前回ラスト以来、慧から疎外感を感じる真里亜はクラスでからかわれつつも
友達も一人でき、がんばって慧の気を引こうとするがうまくいかず
居場所がなくなって落ち込む真里亜は家を出る。
しかも小布院家の身内と思われた真里亜は誘拐されてしまう。
アホの慧にぶちぎれの武臣&夕凪。
そして真里亜の体には"時間退行"のクロノグラフ、リグレストが
何者かの手によっていつの間にかつけられており、このままでは肉体が消滅してしまうという。

感想
どうしようもないヴォケの慧をしっかりぶっ飛ばしてくれた武臣GJ!
今回は犯人当て云々というよりも、時間との戦いのサスペンス仕立てで
久住四季の構成のうまさが光る感じでよかったです。
一巻最初はどうかと思った真里亜ですが、巻を追うごとに成長著しく
だんだんかわいくなってきましたね。いいよいいよ。
三田るちやって名前はもはやどうしようもないけどw

あとイラストが何枚かやけに濃いけど甘塩コメコ芸風変えたというか増えた?
特に夕凪姉さんがなんかダンバインに出てきそうなデザインにw

GOSICK V―ゴシック・ベルゼブブの頭蓋―

GOSICK(5) ―ゴシック・ベルゼブブの頭蓋― (富士見ミステリー文庫)

桜庭一樹『GOSICK V―ゴシック・ベルゼブブの頭蓋―』

あらすじ
夏休みが終わったある日、ヴィクトリカはブロワ侯爵に連れ去られ
リトアニアの修道院<ベルゼブブの頭蓋>に軟禁されていた。
ヴィクトリカはそこで食事も拒んで過ごし、日に日に衰弱しているという。
横暴に怒る一弥はセシル先生と、進化したドリルブロワ警部の頼みもあり
ヴィクトリカを迎えに単身<ベルゼブブの頭蓋>へ向かう。
一弥はヴィクトリカと合流するが、そこで催されている夜会<ファンタスマゴリアの夜>で
発生した連続殺人事件に巻き込まれる。

感想
重要キャラ大集合な巻。
それにしてもあの糞親父は鉄拳制裁加えつつ
ツインドリルで目を串刺しにしてやりたいですことよ。

今回はあっちもこっちも「愛」でございます。
みなさまよく頑張りました。

トリック的には今回はミステリのトリックというよりマジシャンのトリックですね。

GOSICKs II―ゴシックエス・夏から遠ざかる列車―

GOSICKs(2) ―ゴシックエス・夏から遠ざかる列車― (富士見ミステリー文庫)

桜庭一樹
『GOSICKs II―ゴシックエス・夏から遠ざかる列車― 』


収録&超あらすじ
・プロローグ 
・第一話 
…夏休みスタート。仔馬のパズル答え合わせ&次兄からの挑戦。
・第二話 
…学園に残った一弥&ヴィクトリカの下に、バカンス中のアブリルから
 不思議な騒動が起こっているという手紙が届く。
・第三話 
…メイドのゾフィとミス・ラフィット。
・第四話 
…瑠璃姉さんからの手紙。怪人現る!
・第五話 
…グレヴィールの留守中に事件が起き、イアンとエバンが手を繋いで走る!
・第六話 
…グレヴィールとジャクリーヌ、そして魅惑のドリル。
・エピローグ 

感想
わりと平和な夏休み。
一弥とヴィクトリカ、二人きりの夏休み。
と言ってもセシル先生と寮母さんはいるけど。

あいかわらずヴィクトリカ超かわええ。
ゾフィさん&ミス・ラフィットもおもしろかわええ。
瑠璃姉さんもかわいいけどそんなゴツいのにはくれぐれも惚れたらあきませんよ!

シリアス展開の長編の前(時系列的に)のまったりした時間もいいですね。
事件ラッシュの二人にはまったりらぶらぶする時間も必要なのですよ!

GOSICK IV―ゴシック・愚者を代弁せよ―

GOSICK (4) ゴシック・愚者を代弁せよ 富士見ミステリー文庫

桜庭一樹『GOSICK IV―ゴシック・愚者を代弁せよ―』

あらすじ
19世紀末、ソヴュールに君臨した仮面の錬金術師リヴァイアサンが籠っていたという
学園内にある古い時計塔の中で人が死ぬ謎の事件が発生した。
しかもそれは初めてのことではないという。
図書館で見つけたリヴァイアサンが記した金色の大きな本から
挑戦を受けたヴィクトリカはリヴァイアサンの遺した謎と事件に挑む。

感想
ヴィクトリカ・ミーツ・アブリルだったりブライアン・ロスコーが本格的に出てきたり
ある意味元凶ともいえる彼が出てきたりシリーズ的にちょっと動いた巻。
で、あいかわらず話の展開が見事。
鈍すぎるアホ一弥はしばきたくなるけど最後のらぶらぶシーンはいいよいいよ

んでから

…あとがきなげーよw
あとがきが10p.以上あってそれが内容とたいして関係ない身の回りの変人紹介とか…
いいぞ、もっとやれ
特にコマドロと金ブラについては一冊書くぐらいの勢いでどうぞ。

GOSICK III―ゴシック・青い薔薇の下で―

GOSICK〈3〉ゴシック・青い薔薇の下で (富士見ミステリー文庫)

桜庭一樹『GOSICK III―ゴシック・青い薔薇の下で―』

あらすじ
風邪をひいてしまったヴィクトリカを学園に残し、一弥は姉・アブリル・セシル先生のおつかいで
<青い薔薇>いう国宝を模したペーパーウェイトを買うために一人で王国首都ソヴレムを訪れる。
しかし<青い薔薇>を売っているデパートジャンタンには中に入った人が消えるという
不吉な都市伝説と、その被害を訴え続けるホームレスの女性が。
そのジャンタンの中で迷い込んだ部屋で一弥は「悪魔がいる」と怯える少女を発見し
警察に通報するが、たまたまいたブロワ警部達とともに再びジャンタンを訪れると
そこにはもう何の痕跡もなく、証人も存在しなかった…ただ一人を除いては。

感想
今回は居残りってことで出番は少ないけど
きれいな浴衣もらって喜んだりアホな原因で風邪引くヴィクトリカ萌え。
それにしてもどこまでも誠実を尽くす久城一弥は偉大だ。
今回は電話以外ヴィクトリカなしであちこち走り回ってよくがんばった。
グレヴィールも今回は順調に好感度下げつつもちょっと好感度うp

話的には今回はありがちな都市伝説をモチーフに
いつも通り伏線張りまくって片っ端から回収する感じで
比較的あっさりながらまずまず。

GOSICK II―ゴシック・その罪は名もなき―

GOSICK〈2〉ゴシック・その罪は名もなき (富士見ミステリー文庫)

桜庭一樹『GOSICK II―ゴシック・その罪は名もなき―』

あらすじ
ある日寮母さんお気に入りの新聞三行広告に書かれた内容
<"灰色狼の末裔"に告ぐ。近く夏至祭。我らは子孫を歓迎する>
を一弥がヴィクトリカに伝えると、その晩ヴィクトリカは大荷物を抱えて
単身学園を抜け出し灰色狼達の住む「名も無き村」へ向かおうとする。
偶然それを見つけた一弥は慌てて同行する。
母親の無実を証明するために無茶をしたヴィクトリカであったが
「名も無き村」で調査をしていると、別の連続殺人事件に巻き込まれてしまう…

感想
この巻のヴィクトリカはいつものcoolな天才美少女ではなく
一弥としょうもないことで喧嘩したり
母親の無実を晴らすために必死に頑張ったり
いろいろあって涙目になったりと
もちろん天才ではあるのだけれどごく普通の女の子らしい面が伝わってきて
ともかくめちゃめちゃかわいいです
で、この巻の一弥はちょっと調子乗ってますw
からかいすぎだぞばか!
そしてアブリルはどんどん変な子に……w

GOSICKs―ゴシックエス・春来たる死神―

GOSICKs ―ゴシックエス・春来たる死神― (富士見ミステリー文庫)

桜庭一樹『GOSICKs―ゴシックエス・春来たる死神―』


収録&超あらすじ
GOSICKシリーズ短編、時系列順には一番最初(刊行順には長編1-4の次)

・プロローグ
・第一章 春やってくる旅人が学園に死をもたらす
…久城一弥の災難と、運命の出会い
・第二章 階段の十三段目では不吉なことが起こる
…8年前の死体と謎の本
・第三章 廃倉庫にはミリィ・マールの幽霊がいる
…疑惑のアブリル
・第四章 図書館のいちばん上には金色の妖精が棲んでいる
…大泥棒クィアランのお宝とヴィクトリカとアブリル
・第五章 午前三時に首なし貴婦人がやってくる
…学園に隠されたクィアランの盗んだ宝
・序 章 死神は金の花を見つける
…セシル先生とヴィクトリカ、セシル先生と一弥の出会い

感想
GOSICKって時系列順と刊行順どっちがいいんだろ?
わたしは1-2の後にs読んでその後時系列順に読んだけど。
基本的にどっちでも問題ないけど一番最初にオススメな巻だけは1かsか迷う余地がある…
…やっぱりどっちでもいいけど読めばわかる「ある理由」からやっぱ時系列でsかなぁ?

で、内容の感想。
やはり何回でも言わざるを得ない。
ヴィクトリカかわいいいいいいいいいいいいいいいいいい
んでから、アホで横暴なドリル警部はやっぱ最初は腹立ちますね。
一弥かわいそうですよ!
でもまぁおかげでヴィクトリカと出会えたわけだから結果オーライですけどw
セシル先生はちょっとまぬけだけど本当にいい人で出てくると和みます。
とてもいいキャラしてます。

この巻は事件自体はたいそうなものではなくキャラのお披露目&出会いの巻ですね。

狐とアトリ―武田日向短編集―

狐とアトリ―武田日向短編集 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-1)

武田日向『狐とアトリ―武田日向短編集―』

収録
「狐とアトリ」
…巫女少女アトリ&姉上と化キツネ達の話
「ドールズ・ガール」
…病室で人形ばかり作ってる少女実と、元気な病人叶との友情ストーリー
「やえかのカルテ番外編」
…ほのぼの獣医マンガやえかのカルテの番外編

感想
異国迷路のクロワーゼより少しスパイス強めのはーとふる短編。
しっかりと話がまとまってる良い短編です。
それにしても絵がすごい。

異国迷路のクロワーゼ 1

異国迷路のクロワーゼ 1 (1) (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)

武田日向『異国迷路のクロワーゼ』1巻

内容
19世紀後半、はるばる日本から巴里の鉄工芸店に奉公に出た超純粋美少女ユネと
なんだかんだ言っても優しいご主人様クロードとそのフリーダムなじいさんと、
貧民層の泥棒少年やら日本品コレクターの金持ちお嬢様やらとの
心の交流を描いた異文化交流ハートフルストーリー

感想
GOSICKのイラストレーター武田日向が描く、一言で言うと「逆GOSICK」な世界。
絵はめちゃめちゃ丁寧で繊細でかわいいし
話も優しくてかわいくてもぅたまらんですよ。
ユネは常時無敵にかわいいし
ツンデレデレツンデレデレデレな感じのクロードも良いw

ドラゴンエイジピュアは偶数月発売らしいから
コミックスは年一冊ぐらいになってくるのだろうか…
しかし、この超クオリティを維持するには隔月万歳ってことなのかな

コードギアス 反逆のルルーシュ 朱の軌跡

コードギアス 反逆のルルーシュ  朱の軌跡 (角川スニーカー文庫 201-6)

岩佐まもる
『コードギアス 反逆のルルーシュ 朱の軌跡』


CONTENTS
第1章 シンジュク (ザ・スニーカー2007年8・10・12・2008年2月号連載分)
Interval (書き下ろし)
第2章 リフレイン (書き下ろし)
記憶 (書き下ろし)

※ザ・スニ4月号分の朱の軌跡は未収録
内容は文字通り「シンジュク事件」と「リフレイン」の話を主にカレン視点から

感想
カレン視点ってことで井上がけっこう出番多くて…(つД`)

ギアスキャラでいうとコーネリアもギルフォードもダールトン(泣)もロイド&セシルも好きだけど
ストーリー的にはどうしてもルルとカレンを応援したくなるねぇ。
スザクと下端以外のブリタニア勢は皇帝含めて嫌いじゃないけども。
黒の騎士団とか旧レジスタンス勢は、扇は微妙にヘタレやし玉城はアホやし
カレン以外は後から参入した勢力以外わりとどうしようもないんやけども。

と、言うわけで「朱の軌跡」はカレン視点なのでそのレジスタンス時代のみなさんが
けっこう色々描かれててなかなかおもしろいし貴重。
永田とか井上とか亡き人たちが重点的に描かれてる気がする。

図書館戦争LOVE&WAR 1巻 (花とゆめCOMICS)

図書館戦争LOVE&WAR 1 (1) (花とゆめCOMICS)

原作 有川浩
弓きいろ『図書館戦争LOVE&WAR』1巻


あらすじ
昭和最終年度に「メディア良化法」成立・施行され本が狩られる時代となった日本で
図書館は軍隊にあたる図書隊防衛部を組織し、検閲と戦っていた。
ヒロイン笠原郁は昔助けられた図書隊員の「王子様」に憧れて入隊するが
そこでは「鬼教官」堂上篤と厳しい業務が待っていた。

感想
原作の方は積ん読のまままだ読んでないけどこの春アニメ化ってことで
とりあえず予習のために漫画出てたから買ってみたらおもしろいじゃないですか。
がんばるヒロインとツンデレ教官っていう典型的ラブコメとは思ってなかったw
絵も丁寧でいい感じ。
コレはおもしろいので原作もアニメも要チェックです。
アニメもノイタミナ枠は良作多いし期待できますね。

アニメ公式サイトへリンク

コードギアス 反逆のルルーシュ illustrations Rebels

コードギアス 反逆のルルーシュ illustrations Rebels

コードギアス 反逆のルルーシュ illustrations Rebels


内容
ニュータイプやアニメージュや小説その他に載ったイラスト134点と
一期のEDイラストとメインアニメーターの座談会とか

感想
紙質が良くてずっしり重かったから3000円ぐらいかなと思ったら
意外と1900円だったので衝動買い。
ニュータイプとかは目当ての付録付いてる時にたまに買うぐらいなので
個人的にはけっこう満足。
C.C.とカレンのエロカワイイ系と
黒ルルーシュの黒い色気全開系のが好みでございますw
ただ雑誌用のイラストなのでメインキャラ以外はあんまりいないのがちと残念かも。

あとこの手のイラスト集全般に言えることだけど見開きを使うなとは言いたい。
横長イラストは1ページを横に使うか折込ポスターみたいにするとか
なんでもいいけど見開き禁止!

GOSICK―ゴシック―

GOSICK―ゴシック (富士見ミステリー文庫)

桜庭一樹『GOSICK―ゴシック―』

あらすじ
時は1924年、ヨーロッパの架空の小国ソヴュール王国が舞台。
帝国軍人の三男である生真面目な少年久城一弥は、国の代表としてソヴュールの
聖マルグリット学園に留学してきたが、学園の生徒である噂好きの貴族の子弟からは
「死神」と恐れられ、友達も少なく学園生活はあまりうまくいってなかった。
しかし彼はふとしたことから、学園の大図書館の誰も近寄らない最上階で一人
本を読みながらお菓子を食べ散らかす、精巧に作られたビスクドールのような
孤独な天才美少女ヴィクトリカと知り合いになる。(詳しくはGOSICKsに)

ある日、近くの村で占い師が殺される事件が発生し
髪を金色のドリル状に固めた奇抜すぎるヘアスタイルのド・ブロワ警部は
ヴィクトリカの頭脳を頼りに学園にやってくる。
あっさりと真相を言い当てたヴィクトリカに対して、ド・ブロワ警部は感謝もなく
去ろうとするがそれに一弥が怒り、なりゆきで週末に豪華客船に招待された。
しかし、警部に急用ができてクルージングは中止となるが船内には
殺された占い師あての別の船への招待状が置いてあるのを発見し
不穏な気配を感じ取ったヴィクトリカは一弥とともにその招待状を持って
その船に乗り込み、恐ろしい連続殺人事件に巻き込まれる。

感想
後の直木賞作家だけあって文章が非常にしっかりしてるのがポイント高いです。
そして、徐々に高まっていく緊張感、少しずつデレていくヴィクトリカといった
時間の経過、展開の進め方といった描写が非常にうまいです。
話も「何がミステリーなのかがミステリー」な富士見ミステリー文庫のくせに
あっさり味ながらわりと普通にミステリーとしてもおもしろいです。

しかし

それよりなにより

ヴィクトリカかわいいいいいいいいいいいい!!!

と、そういう話ですw

ベジエ曲線

絵師の皆様なんであんなきれいな線描けるのかと思ったらそういうことか。
やっとちょっとわかってきたけどまだまだ使いこなせてない機能多数

GOSICK 既刊9冊読了

GOSICK―ゴシック (富士見ミステリー文庫)

直木賞作家、桜庭一樹(♀)の人気シリーズ『GOSICK』を
4日程かけて既刊9冊一気読みしてました。

めーちゃめちゃ良かったですよ~。
どのぐらい良かったって一気に全部読むぐらいですよw
細かいことはまた一冊ずつ描きますけど
「知恵の泉」を持つヒロインの美少女ヴィクトリカが
一冊の中で少しずつ、巻を追うごとに少しずつ主人公の一弥に
心を開いていく過程がもう最高にかわいらしくて胸キュンなのですよ。
ツンデレVSツンデレでなかなか素直にはならないし
常時喧嘩してるけどらぶらぶ、みたいな。
この少しずつ~少しずつ~っていう書き方の巧さが直木賞なんでしょうねきっと。

毎度豪奢なゴシック衣装を身にまとってるヴィクトリカなんですが
武田日向の緻密で繊細でかわいらしいイラストがもう全力で合ってるのですよ!

最新刊のGOSICKsIIIからそろそろ1年経つみたいだし
谷川流のハルヒともどもそろそろ新刊出てもいいんじゃないかなってか出すんだ!
きっと直木賞とかでゴタゴタしてるんだとは思いますけど。

R2

ピクチャースタジオ コードギアス 反逆のルルーシュ ゼロピクチャースタジオ コードギアス 反逆のルルーシュ カレン

紅蓮弐式のコクピットが前傾姿勢な理由がやっとわかりました。
さすがカレン、さすがバニー。
Nice oppai.

EDの絵から察するにシャルル・ジ・若本皇帝もギアス使いっぽいですね。

今日はほとんど出てこなかったけどナイトオブラウンズ6号、ゴトゥーザ様の
アーニャ・アールストレイムがかわいいので期待w
後、ある意味最大の謎のヴィレッタ先生もw

~~~~~~~~~~~~~~~~~
追記
見なおしてたらOPで思いっきり若本皇帝の右目にギアス出てるし!!

みなみけのみなきけ

みのりん漢字よめなさすぎw

ようつべ見てた見たいですね。
あいかわらずフリーダムw
4月は内田がゲストで来るそうな。楽しみだ。
以下、ようつべ。

カウンター

最近の記事

カテゴリー

~新商品とか~


プロフィール

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。