☆長門有希ファンの図書館☆
長門有希の100冊、涼宮ハルヒシリーズ、谷川流作品を中心にオススメ本etcを紹介するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妃は船を沈める

妃は船を沈める
妃は船を沈める
posted with amazlet at 09.03.04
有栖川有栖
光文社
売り上げランキング: 60674

有栖川有栖『妃は船を沈める』

超あらすじ
・第一部 猿の左手
・幕間
・第二部 残酷な揺り籠

 願いを三つ叶えるという猿の手を持つ女、妃沙子は
行くあてのない若い男の世話をしてやるという趣味を持っていた。
そんな彼女の周りで事件が起こる。
一つ目は彼女が金を貸していた友人の夫が車で海に突っ込み死亡した事件
二つ目はその二年半後、彼女が世話をしていた男が、住んでいた彼女の家の離れで
銃殺される事件。そしてそれは震度6弱という大きな地震があった時に起きた。

感想
二つの中編とそれをつなぐ短い幕間で構成された一冊。
あいかわらず主要登場人物が濃いw

一つ目の事件は、その殺し方もさることながら
ジェイコブズの『猿の手』の解釈をめぐる火村と有栖川と小夜子の談議がおもしろい。
いわゆる「その発想はなかった」ってやつ。

二つ目の事件はストーリーとしてはおもしろかったけど
ミステリー部分はいまいちしっくりこなかった。
しかし高柳真知子というナイスな新キャラ(優秀な刑事)が良い味出してるのでまぁよし。
スポンサーサイト

密室入門!

密室入門!(ナレッジエンタ読本14) (ナレッジエンタ読本)
ミステリ作家     一級建築士
有栖川有栖x安井俊夫『密室入門!』

内容
有栖川と安井俊夫が主に建築的・ミステリ的な視点から「密室」について
カーの『三つの棺』の密室講義とか『天城一の密室犯罪学教程』とかの論理にも触れつつ
あーだこーだとおもしろおかしくしゃべったのを本にしてみましたって感じの本。

感想
有栖川ファンで密室好きなわたしにはたまらん一冊。
図とか注とかいっぱいあって見やすくて分かりやすいし
マニア同士の会話は当たり前のようにおもしろいのでとても良かった。
とりあえず「密室殺人事件」という言葉にロマンを感じる人は買いですw

だってそりゃあなた、不可能犯罪ですよ?
わけのわからん館の密室で人が死んでるんですよ?
最高じゃないですか!w
いつか私も書いてみたいですね、密室殺人事件。
完全犯罪の方法ばっか考えちゃって探偵のための綻びを考えるのが難しいのよね。

イニシエーション・ラブ

イニシエーション・ラブ (文春文庫 い 66-1)

乾くるみ『イニシエーション・ラブ』

あらすじ
 鈴木は代打で呼ばれた合コンの席でマユと出会い恋に落ち、
その後再び同じメンバーで海に遊びに行ってから二人は距離を縮め愛し合い恋人となる。
 マユのために静岡で就職した鈴木は、しかし優秀であるがために幹部候補として
東京への派遣が決まってしまい、遠距離恋愛をすることになってしまう。

感想
↑っというようなあらすじの、実に平凡な恋愛を描いたミステリー小説です。
(ついでに静岡のご当地小説でもあるみたいですが行ったことないのでその辺はスルー)

radio minorhythm#71でみのりんがおもしろいって言ってたので買ってみましたが
予想以上におもしろかったです、ありがとうみのりん!
作中でもキーの一つにオススメの本の貸し借りが出てくるけどそういうのっていいよね。

「ストーリー」はまぁ平凡な恋愛話なのですけども
それをおもしろく読ませる文章と
それはもう至る所に張り巡らされた伏線と
最後に一個の爆弾でその伏線を誘爆して真のストーリーを浮かび上がらせるテクニックは
本当にもう見事としか言いようがないです。

頭から読んで、もう一度読み返して、考察サイトへ行って答え合わせ&チェック漏れ探し
大体の人はこういう流れをたどるんじゃないでしょうか?
それがおそらく正解ですw

探偵ガリレオ

探偵ガリレオ (文春文庫)

東野圭吾『探偵ガリレオ 』

収録&超あらすじ
・「燃える」
 夜中に騒ぐアホ青年集団の一人の頭が突如炎上、死亡した。
・「転写る」
 汚い池で中学生がデスマスク発見、後その池で死体発見。
・「壊死る」
 一見心臓発作だけど胸の一部だけ細胞が壊死した変死体の謎。
・「爆ぜる」
 海で突然女性が爆死。アパートで男が殺害される。
 二つの事件の因果関係は?そして何によって爆死???
・「離脱る」
 殺人事件の容疑者のアリバイの証拠を見ていた少年がいた。
 ただし幽体離脱して見たという話。

感想
このシリーズは容疑者Xから入ってしまったので
長編だと思って後回しにして積んでたら実は短編集でしたw
サラっとサクサク読めるのでちょっとした暇つぶしに最適。

トリックやら事件の鍵となる謎が科学が作りだした謎で
探偵役が物理学者ってのが特徴的でおもしろかったです。
珍味が一口ずつ並んでる料理みたいなー。

辛い飴―永見緋太郎の事件簿

田中啓文『辛い飴―永見緋太郎の事件簿』
『落下する緑』の永見緋太郎の事件簿シリーズ。

収録
・苦い水
・酸っぱい酒
・甘い土
・辛い飴
・塩っぱい球
・渋い夢
・淡白な毒

内容
ジャズミステリその2。
芸術家の日常で起こった「謎」を語り手のJazzトランペッター唐島英治の
バンドメンバーのテナー吹き永見緋太郎が鮮やかに解くシリーズ第二弾。
今回のサブタイトルは味シリーズ。
前回よりも音楽絡みの要素増加。

感想
やっぱりおもしろい!
音楽やってる人、特にJazzミュージシャンは読んでると「あるある」とか
「あるあr・・・ねーよwww」ってツッコミながら読める必読な作品。

酸っぱい酒の途中に出てくる

空中に放りだされた音楽は
ふたたび取りもどすことはできないから


というフレーズは、我が最愛のミュージシャンである故エリック・ドルフィーの
公式的には最後のアルバムであるラスト・デイトの最後に入れられたドルフィーの肉声
"When you hear music, after it's over, it's gone in the air.
You can never capture it again. "

からの借用フレーズですね。
高級焼酎「百年の孤独」にも書かれてるというJazz史上最も有名な名言の一つです。

ドルフィーはアルトetc.吹きで永見はテナー吹きですが
私の頭の中でなってる永見の音はコルトレーンとかではなく
ドルフィーをテナーにしたようなイメージだったので
ドルフィー様が引用されたり「ブルースの真実」の紹介で絶賛されてたりと
信者的に読んでてちょっと嬉しかったですw

ラスト・デイト
ラスト・デイト
posted with amazlet at 08.08.31
エリック・ドルフィー
ユニバーサル ミュージック クラシック (2003-04-23)
売り上げランキング: 63520

ブルースの真実
ブルースの真実
posted with amazlet at 08.08.31
オリヴァー・ネルソン
ユニバーサル ミュージック クラシック (2003-04-23)
売り上げランキング: 110459

落下する緑

落下する緑 (創元推理文庫 M た 6-1 永見緋太郎の事件簿)

田中啓文『落下する緑』

収録作品
・落下する緑
・揺れる黄色
・反転する黒
・遊泳する青
・挑発する赤
・虚言するピンク
・砕け散る褐色

内容
Jazzミステリ。
殺人とかそういうのでなく芸術家の日常で起こった「謎」を
語り手のJazzトランペッター唐島英治のメンバーのテナー吹き永見緋太郎が鮮やかに解く。

各話ごとに作者、田中啓文によるレコード紹介
“「大きなお世話」的参考レコード”付き。

感想
すばらしい。
特に作者がジャズミュージシャンなのでジャズミュージシャンの変態性がよく出てます。
特に関西在住Jazzミュージシャンには「唐さん」で通じる唐口一之さんから
一文字取った主人公なので関西在住Jazzミュージシャンは必読w

読みやすい文章で、ミステリとしてももちろんおもしろいですが
世間的にはオサレイメージがあるJazzミュージシャンの正体である
どうしようもないファッキン野郎なところをそこそこリアルに
おもしろおかしく描いてる類まれな作品であります。

変態ばかりのミュージシャンの中でも特にどうしようもないジャズミュージシャンに
興味のある奇特な方は是非読んでみてくださいw

すべてがFになる THE PERFECT INSIDER

すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)

森博嗣『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』


あらすじ
舞台は「孤島のハイテク研究所」
そこで14歳の時に両親を殺害したという天才工学博士、真賀田四季は
外界から隔離された(研究所員とも直接的接触はない)生活を送っていた。
その「孤島」の「研究所」の「隔離された部屋」というある意味三重の密室から
ウエディングドレスをまとい両手両足が切断された死体が
運搬用ワゴンロボットに乗せられて飛び出してきた。
その不可解極まりない事件に、偶然島にゼミ旅行でキャンプに来ていた
大学助教授犀川創平とセレブな女子大生西之園萌絵が挑む。

感想
このシリーズのラスト「有限と微小のパン」が長門有希の100冊なのと
有名作なのになぜか手つかずだったのでとりあえず読んでみました。
「理系ミステリ」ということですが、理系を極めた人間が哲学の領域にハマるように
この作品も理系でありつつ文系であるとも言えるでしょう。
多少専門的で複雑な内容であってもわかりやすい文章で書かれているのは
わざわざ難解な表現しかしない作家と違って非常に好感が持てます。

で、内容の方ですが一言で言うと
ダイナミック
ですね。派手で華があると言い換えてもいいけど。
「理系」な緻密さの中で、
死体の出現の仕方やらトリックやら思わせぶりなタイトルやらやらが
要所要所で鮮烈な印象を与えてくれます。

名前の通り「キャラ萌え」な要素も含んでますし
今まで読んでなかったことが悔やまれる傑作でした。

女王国の城-学生アリス待望の新刊

女王国の城 (創元クライム・クラブ)

有栖川有栖『女王国の城』

※学生アリスシリーズは前作のネタバレになるようなことは書いてませんが
 火村シリーズなどと比較して続いてる感が強いので
 シリーズ順番に読むことをオススメします。
 ちなみに三作目の「双頭の悪魔」は長門有希の100冊に選ばれてます。

あらすじ
江神さんが失踪!?
下宿の痕跡を頼りにEMCメンバーは信州山奥にある
UFOと宇宙人を崇める新新興宗教団体<人類協会>の聖地、神倉へ。
その総本部「城」にて江神さんとの合流に成功するも
城内部で殺人事件が発生、しかも協会は何故か警察への連絡を頑なに拒み
EMC御一行+その時城にいた2名は軟禁状態となる。


感想
待ちに待って待ちまくったシリーズ新作は500p.上下段の大作。
敵だらけの城内における冒険劇と
エラリー・クイーンリスペクトの、論理が光る鮮やかな解答編がすばらしい。
その後の江神さんと犯人とその他大勢のやり取りもgood!
もっとこうだったら…っていう欲もなくはないけども
読み終わった後の爽快感が最高でございました。
登場人物が割と多いので、ちゃんと推理したい人はメモりながら読みませう。

作家アリスはいわゆる「サザエさん時空」を生きていますが、
学生アリスはちゃんとした時空を生きているために
舞台は未だに1990年(だったと思う、違ったら91年)なので
ところどころでバブルとかノストラダムスとか携帯電話とか
ある種自虐的な小ネタが挟まりますw

ところで362-363p.合計特殊出生率の単位は「パーセント」じゃないのでは?
正しくは単位なし、一般的わかりやすさで言うと人(ただしこれだと「率」ではない)
パーセントでいうのなら2.1ではなく210パーセントだっけか。
うろ覚えだけど。

【ネタ探し】ミステリ百科事典【ネタチェック】



間羊太郎『ミステリ百科事典』

内容
ミステリー&ホラーのモチーフやトリックを、
あらゆる分野からの名作の引用・解説付きで、ネタバレ全開で紹介。
ミステリマニア、作家志望必携の一冊。

項目
<まえがき対談>
北村薫×宮部みゆき
<第一巻 人体>
・眼
・手
・血
・首1
・首2
<第二巻 生物>
・猫
・犬
・虫
・花
<第三巻 風物>
・雪
・氷
・クリスマス
<第四巻 事物>
・電話
・時計
・人形
・蠟燭
・手紙
・郵便
・遺書
<別巻1 ミステリ・ジョッキー>
<別巻2 妖怪学入門>

感想
古典の名作とはいえネタバレ全開なので、取り扱いには注意が必要な本書。
ミステリに限らず、作品描く人にとっては強い味方です。
思いついたネタがすでに古典的作品で使われてたりしないかの簡易チェックとして
あるいは、モチーフ探しetc.に

と、いうか現代において目新しいオリジナルのトリックなんて
そうそうあるもんじゃないので、複合技とか応用技になってくるわけですよ。
ミステリに限ったことじゃないけど現代人はいろいろ損ですw

ネタバレ全開とはいえ、超メジャーな作品以外はこの本がなければ
一生触れる機会がなさそうなものがほとんどなので、
また、ネタバレ見つつも紹介の仕方が上手いので逆に興味を覚えるモノも多いです。

作品描く人は持っておくと必ず役に立ちます、
ミステリマニアは神経質な人には取り扱いに注意が必要ですが持ってて損はないでしょう。

カウンター

最近の記事

カテゴリー

~新商品とか~


プロフィール

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。