☆長門有希ファンの図書館☆
長門有希の100冊、涼宮ハルヒシリーズ、谷川流作品を中心にオススメ本etcを紹介するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tomorrow's chance みのりん新曲

Tomorrow's chance

茅原実里
Tomorrow's chance

1. Tomorrow’s chance
 作詞:畑亜貴 作曲/編曲:菊田大介
2. Sunshine Flower
 作詞:畑亜貴 作曲:俊龍 編曲:藤田淳平
3. Tomorrow’s chance (off vocal)
4. Sunshine Flower (off vocal)

感想とか
茅原実里2009~
ジャケットはなんかファッションショーのアジア女性的な強そうなみのりんw
個人的にはもっとナチュラルでかわいい普段のみのりんが好きです

Tomorrow’s chanceおなじみ菊田大介。
マンネリ気味のアレンジはともかく歌詞とメロディとみのりんはとてもいい。
LIVEアレンジで生楽器、生大先生で聴くと3倍増で良くなる予感。
単体で考えると今までの中でもけっこう上位かな。

Sunshine Flowerは私が今個人的に二番目に注目してる作曲家俊龍(一番は神前さん)
これまでのみのりん&俊龍と違ってシンプルなメロとパワーで攻める系の元気な曲。
表のサビメロと縦ノリが力強いおもしろい曲で歌詞もいい。
アレンジももうちょいシンプルでストリングス抑えてよかったかもしれない。
(大先生のソロ、サビの裏メロは必要)
これは間違いなくLIVEで盛り上がる曲。

Tomorrow’s chanceは良くも悪くも今まで通りのみのりんで
Sunshine Flowerは今までの雰囲気を残しながらも冒険してみた感じ。
曲も詞もみのりんも2曲ともすばらしい!

ただアレンジはそろそろ新しいパターン切り開いた方が良い。
アリプロみたいに全っっ然違う曲なのに音とアレンジが同じせいで
パっと聞いただけだと同じように聞こえる現象がそろそろ起こり始めてる。
それが必ずしも悪いとは限らないけど「茅原実里」に関しては
アコースティックver.とかの良さを知ってるだけにもったいなく感じてしまう。
スポンサーサイト

Minori Chihara Live Tour 2009~Parade~3/1大阪公演

Parade(初回限定盤)
Minori Chihara Live Tour 2009~Parade~
2009年3月1日 会場:大阪厚生年金会館
Vn.大先生室屋

セットリスト
01. Prism in the name of hope
02. FUTURE STAR
03. 蒼い孤島
04. too late? not late...
 MC
05. ふたりのリフレクション
06. Fairy Tune
 MC メンバー紹介
07. 雨上がりの花よ咲け
 バンドメンバーによるインスト
08. 詩人の旅
 MC
09. 光
10. その時僕は髪飾りを買う
11. Melty tale storage
 MC みのりん先生の旗振りつけ練習
12. Lush march!!
13. Voyager train
14. 輪舞-revolution
15. 君がくれたあの日
16. Paradise Lost
 MC
17. 透明パークにて

アンコール
1. everlasting...
 MC
2. 純白サンクチュアリィ
 MC
3. 花束
 MC

感想
とりあえずケニー、みのりんドン引きの下ネタ自重www
大先生は謎のウインナートークはじめるしw
「ウインナーは心のサマータイム」

バンドは前回に比べて大先生が増えた分バイオリン全開の曲が超カッコ良くなってた。
意外とContactの曲も多くて良かったけどどうせならCynthiaも聴きたかったー

全体的に前回と比べてオラオラオラオラーっ!!って印象だった。
蒼い孤島のケニーの高速フレーズとか、パラロスの大先生のバイオリンとか
ケニー(たぶん)のハモりコーラスとか主にその辺で男気が増してたw
甘酒の後のバンド演奏もめっちゃ良かった。

何よりみのりん自体が一番変わっててちょいびっくり
(今回たぶんパーフェクトのコンディションではなさげだったってのもあるけど)
Contactツアーでは歌をCDクオリティで完璧に歌いこなすような部分があったのに対して
今回はものすごく感情を前面に出してた印象。
当然ミスは増えるけども、熱い。そしてかわいいw
Lush march!!を筆頭に自身もLIVEを楽しんでる感が去年以上に出てて良かった。
Lush march!!の旗ふりつけ講座のみのりんのかわいさは異常。
うちーそとーうちそとうーち(中略)じゃん♪のゆる~い破壊力は本気歌では味わえないw
いきなりやるにはわりとむずかしいからゆっくり何回もやってくれたのがもうサイコー
MCの最中にアンプのノイズにびっくりするのも良かったw

そしてアンコール出てくるまでが異様に長かったw
機材か何かとらぶったのだろうか?
Contact13thかなんか盛り上がり系もう1曲欲しかったかも。

と、まぁそんな感じで
バイオリンの大先生室屋加入で「茅原実里バンド」としての強さが格段に上がってた。
一言キャッチフレーズみたいなのを作るとしたら「長門からの脱却」ってとこかね。
語感が悪くなるけどより正確にはハルヒ1期の有希からの脱皮というか。
さらなる高みを目指すための一歩ってやつですね。
『Parade』はきっと茅原実里にとっての『Giant Steps』になることでしょう。
まだまだ進化する意欲を見せてくれたので今後も非常~~に楽しみ。

ContactMinori Chihara 1st Live Tour 2008~Contact~LIVE DVD

ちなみにみのりんが運ぶ幸せの香り、香水"Happiness"は
ウルトラマリンの甘さとスパイスの種類をやや女性的に変えたような感じの
透明感のあるさわやかな香りの中に優しい甘さがあるような感じ。
まぁ基本ウルトラマリンだし当然ユニセックス系。
ボトルも思ったよりかわいいしなかなか良い香水。

茅原実里 Message02

Message 02 [DVD]
茅原実里 Message02
DISC 1 83min.
1 Melty tale storage
2 雨上がりの花よ咲け
3 Paradise Lost
4 Voyager train
5 特典映像
  Acoustic Live / Contact 13th & everlasting
  各ミュージッククリップメイキング映像
  各種スポットCM
  Minori Chihara Live Tour 2009 ~Parade~ 告知映像

DISC 2 143min.
茅原実里ドキュメンタリームービー
(2007年10月~2008年12月までの音楽活動の軌跡)

感想
まず、Message01以上に良い
値段上がって2枚組になっただけのことはある!
PVも全体的にクオリティが上がってます。

Acoustic Liveの2曲は優しい感じで癒されますね。
メイキングではblogや喰霊ラジオで噂の
斎藤P自慢のカメラクレーンらしきものの姿がちらちらと見れますw

で、むしろメインのDISC 2。
2007年のバースディライブから始まるんですけども
この頃ははっきりいってまだまだかたいし歌もやや不安定。
それがContactツアーの頃には劇的に成長してるのがすごい。
わずか半年足らずの間にどれだけの努力をしたのか…。
実際大阪追加公演見に行った時に感じたクオリティを考えると
激奏→ここでちょっと見れるバースディLiveの時とは別人のごとく成長です。
スタッフやメンバーとの関係も非常に良いみたいで
その辺は口だけでなくPVや楽曲の完成度からもわかりますね。

とにもかくにも"茅原実里"をますます好きになれるDVDでした。

Parade 茅原実里newアルバム

Parade(初回限定盤)   Parade

茅原実里『Parade』

収録
01. 透明パークにて
作詞:畑 亜貴 作曲/編曲:虹音
02. Voyager train
作詞:畑 亜貴 作曲/編曲:菊田大介
03. Prism in the name of hope
作詞:畑 亜貴 作曲:俊龍 編曲:藤田淳平
04. Fairy Tune
作詞:こだまさおり 作曲:Tatsh 編曲:大久保 薫
05. Lush march!!
作詞:畑 亜貴 作曲/編曲:虹音
06. そのとき僕は髪飾りを買う
作詞:畑 亜貴 作曲/編曲:虹音
07. Melty tale storage
作詞:畑 亜貴 作曲/編曲:菊田大介
08. 蒼い孤島
作詞畑 亜貴: 作曲:俊龍 編曲:藤田淳平
09. 光
作詞:こだまさおり 作曲:藤末 樹 編曲:大久保 薫
10. Paradise Lost -at next nest-
作詞:畑 亜貴 作曲/編曲:菊田大介
11. FUTURE STAR
作詞:こだまさおり 作曲:Tatsh 編曲:菊田大介
12. 雨上がりの花よ咲け
作詞:畑 亜貴 作曲/編曲:菊田大介
13. 花束
作詞:畑 亜貴 作曲:藤末 樹 編曲:藤田淳平
14. everlasting...
作詞:こだまさおり 作曲:藤末 樹 編曲:大久保 薫

感想
みのりんニューアルバムキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
「パレード」ってことでコンタクトより明るい、かわいい曲が増えましたね。

1、ピアノイントロではじまるゆったりした導入のための短い曲。
2、このアルバムのテーマソングは、人生前向いて突っ走ろうぜ!っていう強い歌。
3、ノリのいい明るいロック。みのりん自身の「がんばるぞー!がんばれよー!」って歌。
  サビの「だ~いっすき」の後に入るドラムの合の手が気持ちイイ。
4、おしゃれでやさしくまったり輝く曲。間奏にlalala。
  ビブラートの使い分けによる伸びと輝きのコントラストが絶妙。
5、よっしゃいくぞーーー!!!っていう元気のいい曲。
  Bメロに一瞬入るマイナー、駆け抜けるギターソロなど曲がいい味出してる。
6、ゆるやかなバラード。
  なんだろうコレ?お嬢様への百合な歌?
  とりあえずまったりやさしい曲。
7、多分シングルから特に変化なしかな。
8、このアルバムイチオシ
  和の香り漂うメロと情熱的なリズムとギターの絡みがやばい。
  LIVEで生演奏で聴きたい曲。
9、切ない別れの歌。
  わたしの光と君の光が決定的に違うために暗い影ができましたってな感じの歌。
10、イントロ違いヴァージョン。
  神楽と黄泉のParadise Lost。
  復楽園、Paradise Regainedが描かれることを祈りましょう。
11、前に進もうという力強さがたまらなくかっこいい曲、イチオシ2(?)
  できる女みのりんが輝いてます(笑)
12、アマザケ。たぶんシングルと一緒。
13、たまにはひとやすみ、まわりへの感謝ソング。lalala~
14、お祭り的な意味では一旦終わりだけど
  このパレードは永遠に終わらないぜ野郎ども!っていう歌。
  ゆるやか、だがしかし熱い。

写真集は後ろから4-5枚目のみのりんが自然な感じでいいですね。
みのりんの良さは我が道を突っ走るナチュラルな強さだと思うわけですよ。

アルバム全体として、期待以上。
非常~に良いです。
まだ聴き込まないとあれですが、今のところコンタクト越えたかもしれません。

茅原実里「Paradise Lost」 喰霊-零-OPテーマ

Paradise Lost
喰霊-零-OPテーマ
茅原実里「Paradise Lost」 

収録
1. Paradise Lost
2. 勇気の鼓動
3. Paradise Lost(off vocal)
4. 勇気の鼓動(off vocal)

感想
壮大な釣りから始まったおかげで情報が全然なかった喰霊-零-&その曲。
OPの「Paradise Lost」は神楽役のみのりんにとって初のタイアップ曲となります。
(後付けタイアップなら「純白サンクチュアリィ」があったけど)
ので。
歌詞は神楽が黄泉との想い出と運命の中でもがいてる感じ。
OPの映像も絶妙で100点。
※ちなみにティル・ナ・ノーグ(Tir na n'og)はケルト神話の「常若の国」
 トゥアハ・デ・ダナーンが戦いに負けた後で移住する楽園。
 「Paradise Lost」はミルトンの『失楽園』か旧約聖書『創世記』の失楽園(楽園喪失)
 なぜ混在してるのかは…まぁノリと語感ってことでw

「和」な音階を散りばめたロック調の菊田大介トランスが今回はめっちゃかっこいい。
疾走感のある曲&OPの映像が走馬灯みたいな感じでいいし
切り裂くような硬質のストリングスは刃の美しさ的なソレですね。
(けど曲のエンディングがちょっと安直なのだけが残念。TVサイズの締め方でよかった)

次、カップリングの「勇気の鼓動」
これの歌詞&曲がおもしろいのは喰霊とおそらく関係ないのに
「Paradise Lost」と世界観が繋がってるような雰囲気が若干ありつつ
悲しみの中で前向こうとしてるあたりがおもしろいし素敵であります。
ギターソロもかっこいい。

※追記
みのりんblogによると「勇気の鼓動」も神楽の歌らしい。

個人的にはみのりんの曲の中でも相当上位に入ってくる曲です。
ちなみに他の上位陣は
「Cynthia」
「jellybeans」「純白サンクチュアリィ」「詩人の旅」
「雪、無音、窓辺にて。」「too late?not late...」「Melty tale storage」
この辺りですw

雨上がりの花よ咲け

雨上がりの花よ咲け

茅原実里『雨上がりの花よ咲け』
※初回版はクリスタルシャイニーパッケージ。箱の中にオレンジっぽい黄色ケース。

収録
01 雨上がりの花よ咲け
 作詞:畑亜貴 作曲/編曲:菊田大介
02 Say you?
 作詞:畑亜貴 作曲/編曲:菊田大介
03 雨上がりの花よ咲け Off Vocal
04 Say you? Off Vocal

感想とか
新曲キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
ってことで。
「雨上がりの花よ咲け」はキラキラ系の音を多用したアップテンポの爽やか系。
ブリッジ部分の歌詞は是非ともそうであって欲しいです。
そことサビは輝きの中に力強さを感じる声が印象的。
で、全然違う曲調なのにアレンジがやっぱりものすごく菊田大介。
どっちかというとライブ編成で聴いてみたい曲です。

「Say you?」はミドルテンポの優しい歌。
曲としてあえて書くようなことは特にないけども
それだけにすっと沁みこむように入ってくる感じというか
シンプルで馴染みやすい良い歌です。

今回のシングルは二曲とも応援歌ですね。
鼓舞系と励まし系。

テーマ:声優 - ジャンル:アニメ・コミック

Minori Chihara 1st Live Tour 2008~Contact~LIVE DVD

Minori Chihara 1st Live Tour 2008~Contact~LIVE DVD

Minori Chihara 1st Live Tour 2008
~Contact~


収録トラック
01 Contact
02 詩人の旅
03 MC
04 Peace of mind~人魚のささやき
05 ふたりのリフレクション
06 Cynthia
07 MC
08 Fragment~Shootin star of the origin~
09 sleeping terror
10 MC~メンバー紹介~
11 純白サンクチュアリィ~Acoustic Ver.~
12 MC
13 Dears~ゆるやかな奇跡~
14 mezzo forte
15 interlude
16 夏を忘れたら
17 MC
18 Last Arden
19 君がくれたあの日
20 too late? not late...
21 純白サンクチュアリィ
22 MC
23 truth gift
24 詩人の旅
25 MC
26 Melty tale storage
27 MC
28 Contact 13th
29 End Roll
30 Ending

感想とか
DVDに収録されてるのは東京追加公演ファイナル。
大阪追加公演のライヴレポの過去記事はコチラ。

生補正、思い出補正もあってか大阪追加の方がややパフォーマンス良かった気もするけど
「み~のりん、はい!」等のいらん声をいい感じに編集してくれてるので聴きやすいw
それにしてもライブでこんだけ歌えるのはほんますごい。

細かいとこでは純白サンクチュアリィ~Acoustic Ver.~のイントロが
大阪追加より若干長めっぽい。たしか大阪はアルペジオからスタートだったはず。

二時間以上あるから今日は全部見るつもりなくて
とりあえず特に好きな曲だけ聴くつもりだったんだけど
Contact頭の「シグナ~~ル」で持っていかれて結局全部見ちゃったよw
MC以外の東京追加ファイナル限定スペシャルなとこは
噂の(?)みのりんパパ&ママが顔もチラっとうつってたり
Contact 13th前半が涙でボロボロになってたり風船降ってきたりあたりですかね。

いや~もう、みのりん最高ビバみのりん

テーマ:声優 - ジャンル:アニメ・コミック

みのりん新曲は8/6

minorhythmで新曲のお知らせキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

8/6発売でタイトルは雨上がりの花よ咲けだそうで。
曲名から察するにちょっとタイプの違う曲になるのだろうか?
まっだまだ先だけど楽しみですねー。

来月末にはコンタクトツアーのLIVE DVD(Amazon予約ページへ)も出るし
ドルアーガのクーパもちょーかわいいしビバみのりん

Melty tale storage -茅原実里新曲-

Melty tale storage

茅原実里 Melty tale storage

収録
01 Melty tale storage
 作詞:畑亜貴 作曲/編曲:菊田大介
02 Sandglass~記憶の粒子
 作詞:こだまさおり 作曲:俊龍 編曲:中西亮輔
03 Echo of Melty tale storage-red strings ver.-
 作詞:畑亜貴 作曲/編曲:菊田大介
04 Melty tale storage-off vocal-
05 Sandglass~記憶の粒子-off vocal-

感想
これはすごい。
最初ラジオでMelty聞いた時は正直「あー、またか」って感じでしたが
その後LIVEで聴いて、GyaoでPV見まくって、CD聴いてとしてるうちに
どんどんハマっていくボディーブロータイプの曲であることが判明しました。
歌詞も曲も壮大でパワー溢れる曲です。
特にサビでコーラスと絡み合って溶け合って
最後に「Melty tale」で解放、爆発させる展開が見事です。
みのりんのVocalも繊細さと力強さをフルに発揮していてさすがです。

で、カップリング「Sandglass~記憶の粒子」がまたすごい。
ピアノ&ヴァイオリンのイントロからはじまって
ノンビブラートを巧みに使った透明で繊細な歌声で切ない歌詞を歌いあげ
ピアノ、ヴァイオリン、アコギの伴奏と絶妙のハーモニーを生み出しているのですよ。
ギターソロが若干歪ませすぎな気がしないでもないけどまぁおかしくはないかな。

「Echo of Melty tale storage-red strings ver.-」もなかなかおもしろいアレンジ。

もう一回書いとこう。

これはすごい。

テーマ:声優 - ジャンル:アニメ・コミック

カウンター

最近の記事

カテゴリー

~新商品とか~


プロフィール

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。